このページの本文へ
ここから本文です

日本精工、戦後最大の機械景気に、海外戦略が花開く

2007年7月31日 10時5分

業績は、グローバル経済の拡大とBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)及び資源国の台頭で活況が続いている。

2008年3月期の営業利益は前期比9%増の680億円の見込みで、昨年2月に策定した中期3カ年計画の最終年度である2009年3月期740億円、営業利益率10%の達成も可能性が高まってきた。さらに、長期目標として2016年創立100周年のNEXT10に向けて、売上高1兆円、営業利益率10%以上を掲げている。

中期経営計画では、成長戦略と体質改善の2つを柱とし、成長戦略ではグローバル戦略の拡大がその中核となる。

海外売上高比率は約50%、この20年で約30ポイント上昇

日本精工のここ20年の歩みを見ると、海外売上比率が着実に高まっている。1988年3月期は19.6%、99年3月期42.7%、2007年3月期49.2%と20年間で30ポイント近く上昇した。当初は日系自動車メーカーの海外現地生産に伴うものであったが、次第に自動車から産業機械分野へ、日系企業から現地企業へ需要先を広げてきた。

日本精工が、中期的に目指していることは世界最大の軸受けメーカーであるスウェーデンのSKFにいかに追いつくか。既に、SKFのお膝元である欧州では1989年に英ベアリングメーカーRHPを買収し、事業基盤の強化に力を注いできた。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る