このページの本文へ
ここから本文です

オイルマネーの流入による空前のアートバブルを目の当たりにする
現代美術の見本市「アート・バーゼル」

2007年7月30日 11時23分

ここ数年の“海外のアートバブル”の勢いはすさまじい。2004年にピカソの《パイプを持つ少年》がオークション史上初めて1億ドルを突破し、1億416万ドル(113億円)で落札されたと思ったら、昨年はクリムトの《アデーレ・ブロッホバウアー1》が1億3500万ドル(155億円)、ポロックの《No.5,1948》が1億4000万ドル(163億円)と次々に最高値を更新し、世間を騒がせた。

『日経アート・オークション・データ2007』(日経BP社)によると、「美術品の価格は1990年当時より32%上回り」「2006年に落札価格が100万ドルを超えた作品は810点にのぼる」という(ジョルジーナ・アダム「1990年に迫る勢いを示した2006年の世界美術市場」)。1990年のバブルを支えたのは日本人だったが、今回は欧米のほか「ロシア、中国、インド、中東などの新興国のバイヤーがアート市場に参入したことも、ブームを牽引する大きな要因となった」(同上)。

800軒から絞り込まれた約300軒のギャラリーが出展

そんなアートバブルを実際に肌で感じてみようと、この6月にスイスのバーゼルで開かれたアートフェア(美術見本市)「アート・バーゼル」に行ってきた。今回はそのレポートをお届けしたい。

アートフェアというとバーゼルのほかにも、パリのFIAC、ニューヨークのアーモリーショー、ロンドンのフリーズ・アートフェアなどが知られているが、今年38回目を迎える老舗の「アート・バーゼル」は聞きしにまさるものだった。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る