このページの本文へ
ここから本文です

花岡信昭:「あるある」だけではない、メディアの不祥事

2007年2月13日 15時10分

関西テレビの捏造問題をはじめ、新聞、テレビの不祥事が相次いでいる。いまさら言うまでもないが、ビッグメディアは自己管理・自己規制の徹底が一段と求められる世界だ。これを怠ると公権力の介入を招き、報道の自由の確立という民主主義国家の根幹を揺るがす事態につながるからである。

テレビの捏造・やらせ問題はこれまでもたびたび指摘されてきた。番組制作をプロダクションに依存し、さらに孫請けに丸投げするという構造的体質が基本にある。

ワイドショーに出演した乏しい経験からすると、ビデオ編集の部分がやたらに長いことを知って驚いた。これはテレビを見ている側には、ある種の錯覚が働いて、あまり意識されない。生番組でありながら、事前に制作されたビデオ部分がかなりの部分を占めることに気付かない。スタジオでのやり取りは想像以上に短いのだ。

試しにワイドショーを録画して確認されることを勧めたい。朝のモーニングショーなどでは、番組スタッフが徹夜でビデオ編集部分を制作する。キャスターやコメンテーターなどの出演者はスタジオで本番入りしてから、初めてこれを見る。事前に確認する時間はない。視聴者と同じタイミングで見るのだ。だから、その場の雰囲気をつかみ、要領よく瞬間タッチ風に体裁のいいことを喋れるコメンテーターが重宝される。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る