このページの本文へ
ここから本文です

07年のマンション供給は首都圏で7.3%増、8万戸と予測、長谷工総研

2007年1月31日 9時33分

長谷工総合研究所(東京・港区)は1月26日、2007年のマンション供給戸数が首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉の各都県)で前年比7.3%増の8万戸、近畿圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山の各府県)で横ばいの3万戸になるという予測をまとめた。

同研究所の分析によると、06年は郊外の供給が増えた一方、ここ数年続いた都心回帰現象が一服し、首都圏も近畿圏も全体の供給戸数は05年より減少した。

このため07年は……

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る