このページの本文へ
ここから本文です

2007年、ゲームビジネスは“快晴”

2007年1月4日 12時1分

2006年は、テレビゲームビジネスにとって、実り多き1年でした。新しいコントローラーを提案したWiiは快調なスタートダッシュを切り、発売後1カ月で全世界200万台に迫りました。対抗馬であるXbox 360は、すでに北米で堅実な市場を獲得し、全世界での販売台数で1000万台を視野に入れています。絶対的な本命であると思われていたプレイステーション3が失速気味なのが残念ですが、据え置きゲーム機市場は、ハード・ソフトともに充実した1年だったと言っていいでしょう。

そして何より、携帯ゲーム機市場で、ニンテンドーDSが日本市場を完全に制覇したことに注目です。2006年は、ニンテンドーDSの極度の品薄から始まり、ニンテンドーDSの極度の品薄で終わった1年でした。国内累計販売台数は約1300万台。日本ではすでに10人に1人が持っている計算になります。

にもかかわらず店頭に並ぶやいなや飛ぶように売れていくのですから、もはや手がつけられません。これほどのハイペースでヒットし、人気を得たマシンは空前絶後でしょう。対抗馬のPSPも順調に売れているのですが、その存在を霞ませてしまいました。

この5つのマシンは、すべて発売されて2年以内のもの。それはどういうことかと言いますと、個々のマシンの機能を生かした大作が出てくるのはこれからであり、まだ真の収穫期は訪れていないということ。2007年以降のテレビゲームビジネスは、かつてないほどの右肩上がりの状態になる、と「予報」できます。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る