このページの本文へ
ここから本文です

「経営」から知的財産を統括するCIPO、専門部署の必要性
富士通 経営執行役/法務・知的財産権本部長 加藤幹之氏(最終回)

2006年9月29日 12時2分

「知的財産戦略」、「知的財産最高責任者(CIPO)」などのキーワードを通じて企業経営と知的財産のあり方を論じる過程で、識者の多くは知的財産を「企業活動や事業の基盤にするべき“強み”、情報・経験の蓄積」と定義した上で、知的財産経営とは「目新しさなどを“売り”にする表層的な一過性の経営モデルではなく、むしろ、その本質は企業の根元的なミッションや事業そのものに深く結び付いている」と強調する。

こうした識者の1人、富士通の経営執行役/法務・知的財産権本部長の加藤幹之氏は、知的財産業務を含む同社の法務全般を経営の立場で担う、まさに知的財産経営の体現者といえる。13年間に及ぶ米国ワシントンD.C. 事務所駐在などから得たグローバルなビジョンと強いリーダーシップ、業務に留まらずインターネットや電子商取引政策、科学技術政策など公的な制度議論において数多くの有益な提言を行ってきた構想力は、富士通が先進的な知的財産経営の実現する上で重要な役割を担ってきた。

経営を切り口にした知的財産活動と戦略構築の重要性を中心に、同社が進める知的財産活動のコンセプトを加藤氏に聞いた。加えて同本部・知的財産戦略室長の亀井正博氏が実務上の具体的課題を指摘し、知的財産経営の全体像を読み解く。全4回連載の最終回である。(まとめは河井貴之=日経BP知財Awareness編集)

ライセンス収支の経営へのインパクトも重視

特許やノウハウのライセンス活動は、他社の技術をわれわれが導入する場合(ライセンス・イン)、われわれの技術を他社に提供する場合(ライセンス・アウト)の両方で対価である実施料が収支に直結する可能性が高く、研究開発活動のような技術面の要請に加え、知的財産の経済性向上といった観点からも重要な経営的な意味を持つ。

2006年現在、われわれは日本国内外の企業との間で500件以上のライセンス契約を締結しており、これに加えて、本連載の第3回で述べたようなクロス・ライセンス契約を締結している。クロス・ライセンスの相手は、例えば、米IBM Corp.、米Microsoft Corp.、米Intel Corp.、など、先進的な技術を有する企業の場合が多い。

このよう力を注いできた結果、ライセンス収入は継続して拡大している。

富士通独自の「技術営業」によって無駄のない知的財産活用を実現

最近は、ライセンス活動をより効果的かつ多様な分野へ展開するための「技術営業」に注力している。

技術営業は、われわれが保有する技術や特許について当初の目的などに限定せず、他分野などで第三者に活用してもらうことを狙う。われわれが保有している知的財産の中には事業環境の変化などに伴い、われわれ自身では利用しなくなったもの、事業に関わらず幅広い領域を対象とした基礎研究の過程で生まれてきた発明など、他社の活用によって新たな価値を持つ可能性がある技術や特許が存在する。これらを埋没させずに、権利譲渡やライセンス供与を通じて無駄のない知的財産の活用を実現し、さらに収益化を図っている。

例えば素材分野におけるチタン・アパタイト(チタニウム化合物)は光に反応して臭い、汚れ、細菌・ウィルスなどの分解を促進する作用があり、(ア)われわれが関連技術を研究開発し、(イ)その成果を素材、農業、インクなどの各分野へライセンス供与し、(ウ)製品化・生産された製品や部材がエアコン用フィルタなどの他分野へ適用される、といったビジネス・ラインを構築している。

チタン・アパタイトは、インク中に混入すればそのインクの塗布面に作用が生じ、あるいは、プラスチック中に埋め込めばそのプラスチック自体が作用を持つ。その応用分野はさらに広がると期待が高まっており、われわれも多様な形態を通じた事業への適応を幅広く促進している。 技術営業活動においてはこのほかにも、「鉛フリーはんだ」、「マ

グネシウム・リサイクル」、「ガス浄化」、「カーボン・ナノチューブ」、「ステガノグラフィ」などで一定の成果を達成している。

「主張すべきことは主張する」、「必要なら訴訟も辞さない」、強い姿勢の持つ意義

知的財産権を巡る他社との紛争は、ある意味で不回避な実務上の課題である。われわれは、こうした紛争の発生に対しては、当事者間での交渉を通じた解決を最善策に掲げて臨んでいる。しかし、意見や見解の相違が当事者間の交渉では解消しない場合は、訴訟などを通じて第三者による公的な判断を仰ぐ。この意味では訴訟も相手との交渉の重要局面であり、それによって即座に協調や関係が断絶してしまうわけではない。

知的財産実務あるいは法務から見ると、訴訟対応は費用や時間といったコストの増大につながったり、事業の妨げになるリスクを伴ったりするため、選択には慎重な姿勢を要する。しかし、自社の大切な経営資産である知的財産権とその権利に基づく事業を守ったり、研究開発を安心して継続できる環境を整えたりするべき場合は、経営判断として訴訟を選択肢に含めるべきである。

■詳しい内容はこちらをご覧ください。

加藤 幹之氏
1977年、東京大学法学部卒業。1985年12月、ミシガン大学ロースクール修士課程修了。
1977年、富士通株式会社入社。1989年8月、ワシントン駐在員事務所に赴任。
2002年6月、帰国後、法務・知的財産権本部長代理(兼)輸出管理本部長代理。
2003年6月、法務・知的財産権本部長。
2004年6月、経営執行役 (兼)法務・知的財産権本部長 (兼)安全保障輸出管理本部長。このほか、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)理事などを歴任。
現在、日本経済団体連合会知的財産委員会企画部会・部会長を務める。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る