このページの本文へ
ここから本文です

トヨタ生産システム、中国で大進化遂げる

2006年9月29日 9時5分

トヨタ自動車が進化を始めた。外から見ていると、うっかり見過ごしてしまいそうな大変地味なことだが、実はトヨタにとって経営の根幹に関わる大切な変化が始まっている。

トヨタ生産システムの革新である。世間で「ジャスト・イン・タイム」とか、「かんばん方式」とか呼ばれる仕組みが、次世代の革新的な生産システムに向けて大きく変化し始めたのだ。

変化が起きている場所は日本ではない。中国にある。今年5月23日にラインオフ式を行い、6月から本格的に「カムリ」の生産を始めた広州トヨタがその現場だ。

徹底した後工程引き取りを実現

何が起きているのか。結論から先に言うと、これまでは様々な制約条件があって完全な形での実現が難しかった「後工程引き取り」が、ほぼ完全に出来上がった。

これは画期的なことだ。なぜならば、後工程引き取りは、トヨタ生産システムの最も核心にある考え方だからである。トヨタのもの作りが、ライバル他社に比べて効率的なのは、ここに最大の理由がある。

ジャスト・イン・タイムとか、かんばんとか、「あんどん」とか、「人偏の付く自働化」など、トヨタ生産システムは、その構造が分解され、業種を超えて多くの企業に採用されてきた。しかし、その根本的な考え方である後工程引き取りをきちんと導入できている企業は、トヨタグループ以外にはほとんどないと言ってもいいかもしれない。

後で述べるが、トヨタが最先端の技術をコピー大国である中国に躊躇なく持っていけるのは、この部分はそう簡単にマネできないという自負があるからなのだ。

後工程引き取りを簡単に説明すると、素材加工に始まり最終組み立てまで何百という工程がある中で、普通は前から後ろに製品を流して作っていく。1つの工程が終わったら次の工程に回すわけだ。

これをトヨタは逆に考える。後ろの工程の作業が終わったら、前の工程から次に加工や組み立てる製品を取りに行く。順調に生産が進んでいるのであれば、普通の方法もトヨタの方法もほとんど差がない。

しかし、何百もある工程内にムラがあったり、何らかのミスで生産が滞ったりしている場合には大きな差が出てくる。普通の方法だと工程内にいくつも在庫の山ができてしまう。

■詳しい内容は日経ビジネスオンラインのこちらをご覧ください。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る