このページの本文へ
ここから本文です

博報堂と凸版など4社、ブランディング主体のCRM新会社を設立

2006年4月3日 15時31分

博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、凸版印刷、アイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス(IBCS)は、ブランディングを軸にしたCRM(顧客関係管理)の新会社「BrandXing(ブランドクロッシング)」を共同設立する。博報堂の親会社である博報堂DYホールディングスとDACが4月3日に発表した。

BrandXingでは4社の経験とノウハウを集約し、得意先企業のブランド構築活動にCRM活動を統合する「ブランデッドCRM」という考え方をベースにサービスを提供するという。

博報堂がマーケティング戦略やタッチポイント(顧客接点)プランニングなどのブランディング、凸版印刷がプロモーション設計・実施と顧客情報管理などのマーケティング実行、IBCSが経営・事業戦略、システム戦略などのコンサルティングを担当する。DACは、メディア・プランニングやネットビジネス・コンサルティングといったインタラクティブ・メディアの領域を受け持つ。

「コンサルティングから実施運営までをワンストップで提供し、ブランドと生活者との強固なリレーションを構築する」(同社)

BrandXingは6月1日に設立する予定。資本金は4億円。代表取締役社長には博報堂が、取締役副社長には凸版印刷がそれぞれ派遣する。

■問い合わせ先
・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 戦略統括本部 TEL:03-5449-6300

■関連情報
・博報堂ののWebサイト http://www.hakuhodo.co.jp/
・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムのWebサイト http://www.dac.co.jp/

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る