うつ病Q&A
うつ病Q&A

2013年5月26日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2013東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。7回目は、高齢・障害・求職者雇用支援機構 東京障害者職業センター リワークカウンセラーの宮下薫氏に回答していただいた。

人事ソリューション会社 コンサルティング事業部勤務 女性

休職者と主治医、企業の間の合意形成は難しいケースも多いのではないかと思います。そのポイント、落としどころのようなものがあれば教えてください。

東京障害者職業センターでは企業からご紹介いただくケースが大変多いので、3者の合意形成を結ぶにあたって、それほど困難なケースは多くありません。ただ、「休職者と主治医」対「企業」という対立になってしまい、難航するケースはあります。

最初の説明会で3者の合意形成をはかると伝えた時点で、例えば、今日は調子が悪い、今日は休んだなど、全ての情報が企業側に伝わってしまうのではないかと休職者は恐怖感を持ちます。そんな気持ちは当然のことです。

それだけに、こうしたステップを踏まずに進めてしまうと。復職判定の時点で初めて会社側の意見を聞いて、休職者が非常にショックを受けることもあります。まずは、3者合意の趣旨に「ついて丁寧な説明を繰り返し、それぞれの意見の違いを縮めることが大切です。