うつ病Q&A
うつ病Q&A

2013年5月26日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2013東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。1回目は、医療法人社団榎会榎本クリニック院長の深間内文彦氏に回答していただいた。

製造業 人事グループ 男性

退職を余儀なくされ、職を失って孤立する方も多いようです。こうした人に対するリワーク・プログラムはありますか。

確かに退職を余儀なくされるケースはあります。例えば、講演の中でも発表しましたが当クリニックで行っているプログラムの1つに、リワークを卒業後に受けられるフォローアッププログラムがありますが、これを忙しいという理由で中断したり、薬を自己判断でやめたり、また、職場環境やセルフマネジメントがうまくいかず退職される人は多数います。

また、求職者のためのプログラムも行っています。これは、休職者を対象としたものと別個のものではなく、例えば、認知行動療法やコミュニケーションプログラムなど、総合乗り入れ的な形で行っています。求職者にとっても、こうしたプログラムは自らをじっくり振り返る作業であり、また気づく点も多いため、再チャレンジの場として特別に用意しています。