うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。14回目は、メディカルケア虎ノ門院長であり、うつ病リワーク研究会代表世話人の五十嵐良雄氏に回答していただいた。

サービス業 男性

弊社では産業医判断のもと、復職可と判定された社員に対し、通常職場に復帰させる準備として社内リワーク・センターを開設しています。作業を通して目的を達成させる主旨ですが、通常職場に復帰させるタイミングや基準が今ひとつあいまいなのです。適切な判断基準があれば教えてください。

最近、社内で復職をさせる場所をつくって、そこでの評価をする企業、あるいは団体があり、そうしたところに属する方からのご質問だと思われます。

恐らく、休職中の人に、作業を通して、本人がいかに周囲とうまくコミュニケーションがとれるか、どの程度能率良くできるのか、どのくらい早くできるのか、どの程度ミスがあるのか、といったことを見ていると思います。しかし、実際の現場でその人たちを確認することはなかなか難しいことです。

そのあたりの見極めなり、判断については、障害者職業センターの方が非常に得意ですから、そうした機関との相談や連携はあり得るでしょう。私たちは患者の病状を診ているため、病状が不安定な場合は、我々のような医療機関に回していただければと思います。