うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。12回目は、メディカルケア虎ノ門院長であり、うつ病リワーク研究会代表世話人の五十嵐良雄氏に回答していただいた。

産業医 男性

他の医療機関(メンタルクリニック)から先生の施設に依頼されることはありますか。企業産業医としては、リワーク・プログラムを進めたいのですが、主治医にそのことをどのようにお伝えすればよろしいでしょうか。

リワーク・プログラムは本人のモチベーションが一番大事です。会社から命令されて来たという人は大抵うまくいきません。私たちのところでは、主治医を変えてもらうプロセスを経ているので、企業の人事や労務の担当者、産業医にその手続きをしてもらうことになります。

そこがうまくいくと、リワーク成功率が高まります。ですから、まずは会社側や産業医から本人や主治医を説得してほしいですね。その際の言い方としては、何度も休職、復職を繰り返すことは、本人にとって最大のリスクであると。そのように伝えていただければ、スムーズに進むと思います。