うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。9回目は、東洋英和女学院大学教授、横浜クリニック院長の山田和夫氏に回答していただいた。



うつ病学会が安易な投薬や過剰診断を判断するようなガイドラインを出しましたが、主治医がそのガイドラインを破るような人だったらどうしたらいいですか。

ご質問にあるガイドラインとは、うつ病学会が2011年に作成した「治療ガイドライン」のことです。これは、標準的な精神医療の指針という形で、さまざまな精神医療の鑑別診断、自殺念慮の評価、治療の場の選択、薬物療法や精神療法の注意点などについて取り上げられています。薬物療法については批判されたことがあり、適正使用とされ、治療においては、第一に認知行動療法に代表される精神療法をやっていくべきということも、このガイドラインには書かれています。

ただ、実際の臨床ではなかなかそうはいかない場合があり、軽症うつでも最初から抗うつ薬を使うケースもあります。そういう意味では、私もガイドラインを破る主治医の一員かもしれません。しかし、ガイドラインは破っているかもしれませんが、患者さんのためを思うと、少しでも早くよくなることは確実なので、抗うつ薬を短期間ですが使うことにしています。

ガイドラインも大事ですが、まずは目の前の患者さんの状態をしっかりと見て、適切な治療を行うことが私の見解です。