うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。8回目は、前回と同じ質問に、東邦大学精神神経医学講座(佐倉)教授の黒木宣夫氏に回答していただいた。

コンサルティング業 女性

復職を成功させるために、復職のタイミングや本人の状態について、企業人事としては本人の上司と共に産業医とも連携して、本人の主治医と面談し、本音ベースで本人の回復状態を知りたいわけです。復職よりも復職後に再就職しないことが大切です。しかし、守秘義務や立場の違いによってか、本人の復職希望が最大に尊重されることが多く、短期間で再発→休職という事態が起こって職場が混乱してしまいます。これを防ぐために、人事として主治医の先生に、どのような働きかけをするのが効果的でしょうか。

五十嵐先生や張先生が言われたように、企業の立場から考えると、やはり「主治医がどう感じているか」がポイントになります。診断書だけでは主治医がどう感じているか、どう考えているかが見えてきません。そこで人事や上司が医療機関に行って話を聞く。もちろん、その時には本人の了解が必要ですが、本人には、こうした方法が復職を円滑にすることを伝えることが大事です。復職可能と診断書が出てきても、主治医に直接話を聞くことで、また違った観点からの問題点がわかるメリットもあります。

次に、主治医の立場から考えてみます。私たちの病院でもリワーク・プログラムを行っていますが、中にはどうしても規則的な生活ができない人がいます。そこで人事や上司に来てもらって話を聞きます。すると、本人は専門職なのに、家族がそれを全く理解せずにこういった部署に異動させたいなどと言って、職場を転々と異動してきた背景がわかり、今までちぐはぐだった部分が統一できてくることがあります。そうした意味でも、主治医に話を聞くことは非常に重要だと思います。