うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。6回目はメディカルケア虎ノ門院長であり、うつ病リワーク研究会代表世話人である五十嵐良雄氏に回答していただいた。

コンサルティング業 女性

復職を成功させるために、復職のタイミングや本人の状態について、企業人事としては本人の上司と共に産業医とも連携して、本人の主治医と面談し、本音ベースで本人の回復状態を知りたいわけです。復職よりも復職後に再就職しないことが大切です。しかし、守秘義務や立場の違いによってか、本人の復職希望が最大に尊重されることが多く、短期間で再発→休職という事態が起こって職場が混乱してしまいます。これを防ぐために、人事として主治医の先生に、どのような働きかけをするのが効果的でしょうか。

まず、復職を専門に考えているクリニックと、そうではないクリニックがありますので、医療機関を患者さんに紹介する際に、そのあたりを注意していただくとよいと思います。

会社がどのように成り立ち、復職のプロセスがどのように進むかについて、医師は一応理解していますので、患者さんと共に人事や労務の人が医療機関を訪ねれば、本音の話はできると思います。そして、これは非常に重要なことです。

それから、休職や復職を繰り返すことは、本人にとって最大のリスクで、いずれ辞めざるを得ない状況になっていく可能性もあり、そこに強く働きかけることも大事です。休職を2回、3回と繰り返し、休む期間がどんどん短くなって、本当に中途半端に復職しなければならなくなると、さらにリスクは大きくなります。1回目の休職より2回目の方が当然長くなる、3回目はもっと長くなる。こうしたことを本人や主治医に訴え、リワークプログラムを実施している医療機関に転院することは、非常に効果的だと思っています。