うつ病Q&A
うつ病Q&A

2012年12月16日に開催された「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 東京」。会場参加者から寄せられた質問に、パネリストの先生方にお答えいただくコーナー。1回目は米山医院院長・作家の米山公啓氏に回答していただいた。

食品関連会社 女性

総合的な治療は、現在医学界で進展はありますか。東洋医学や食事療法の併用も考えられますか。副作用についてはどうお考えでしょうか。

この統合的な治療、いわゆる西洋医学以外の医療について、ようやく医学界でも実証する動きが出てきましたが、まだまだ1人の病気全体を診ていくことでは欠けているところがあります。現在、専門医が増えてしまい、専門医そのものも見直そうとしている段階であり、なかなか1人の人格として診ることはできにくい状況です。もちろん東洋医学や食事療法もありますが、その関係が実証されてない部分があり、一般的な医療の前線で使っていくのは難しいと思います。

ただ、回復に役立ったアプローチで共通しているのは、他の病院で数多くの薬をのんでいた人が、単剤の薬だけにすると症状が変わることがあります。治療そのものはさほど変わっておらず、薬の性質が違うわけでもない。では違いは何かというと、医師としっかり話をしていることだと思います。

私はカウンセラーがいる内科医ではなく、開業医ですから、患者さんの病気の背景を聞き出す、患者さんに話してもらうことで役立ちたいと考えています。診療に時間の余裕がなければなかなかそこまで踏み込めませんが、私はそうしたことに重点を置いて治療を行っています。