うつ病Q&A
うつ病Q&A

市役所 保健師 女性
うつの復職準備のため、中部精神保健センターや地元の診療所(5~6人のグループによる認知療法)、立川市の復職プログラムの訓練校(企業に勤めている人向け)などに夫婦で見学に行きました。しかし、作業内容が木工やクリーニング、日記をつけて発表する、プログラムを自分で選んで、パソコンや運動を行うなど、そのどれも本人はやりたくないとのことでした。私も雰囲気や内容に抵抗がありました。復職のためにすがるところは他にないものでしょうか。

当院も吉田先生のクリニックと同様に精神科病院です。統合失調症の人のデイケアに、うつ病の人を参加させると、合わなければすぐリタイアしてしまいます。そこで、当院はうつ病の復職を目的とするデイケアを、場所もスタッフも全て別に設けました。利用者は公務員や教師、一般企業の事務職の人が多く、午前中は自分の仕事に関連することをまとめ、それを発表してもらっています。また、うつ病になると体力が落ちているので、運動なども取り入れています。

質問にあった中部精神保健センターなどは、もともと統合失調症圏のデイケアで始まっているため、そこにうつ病の人が入ることは、確かに難しいでしょう。ただ、そうしたリワークを使う際には、最初にプログラムを行う理由を説明してくれます。選べるプログラムもありますが、全員参加のプログラムもあり、吉田先生が言われたように、自分はやりたくないから参加しないということは当院でも認めていません。

たとえやりたくないことでも、それをどうこなしていくのか、そこが重要です。本人が、なぜそれをしなければいけないのか聞かれたら、プログラムを行う意味をしっかりと説明して納得してもらいます。それでも納得できない場合は、厳しいようですが、また別のリワークを探してもらうしかないと考えています。