トップページコラム > ココロが疲れたと感じたら
新着情報一覧
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

ココロが疲れたと感じたら

うつ病も診る医師の立場から、心が疲れたとき、「うつかな?」と思ったときに困らないための正しい知識と考え方を解説します。

ココロが疲れたと感じたら 新着一覧

  • うつ病らしくないうつ病って? (2009年06月19日)
    米山 公啓

    うつ病というと、食欲がない、眠れない、何もする気がしないというような症状で発病すると思いがちです。それは典型的なうつ病ですから、医者のほうも、診断に迷うこともありません。そんな典型的な症状であれば、治療が遅れるということは起こらないわけです。(続きを読む

コラムニストプロフィール

米山 公啓

神経内科。超音波を使った脳血流量の測定や、血圧変動からみた自律神経機能の評価などを研究。大学で働くかたわら老人医療・認知症問題にも取り組む。外勤先の天本病院にて在宅医療にも10年以上参加。健康管理部において、ニコチンガムを使った禁煙教室を実施した。
1952 年山梨県甲府市生まれ、愛知県岡崎市・東京都福生市育ち。77年聖マリアンナ医科大学医学部卒業。90年聖マリアンナ医科大学第2内科学講師を経て、95 年聖マリアンナ医科大学第2内科助教授。また健康管理部副部長も兼務する。看護雑誌にエッセイの連載を始めたのをきっかけに、現在では医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書などを手掛ける。97年出版の著書は文庫を含めると15冊。98年、本格的な執筆活動のため退職し、現在に至る。看護雑誌、地方新聞、雑誌などにエッセイや小説を多数連載。日本老年学会評議員、日本脳卒中学会評議員、日本臨床生理学会評議員、日本脳・神経超音波研究会世話人などを務める。
医者の目から見た健康の話しを始め、ぼけやすいライフスタイルやボケの症状、またその予防法など興味深い内容の講演は好評。