世界40カ国のビジネスリーダーが翌年の舵取りに役立てている
英The Economist「The World in 2018」の日本語版発行

英Economistの別冊「The World in 2018」日本版の独占翻訳権を日経BP社が昨年に引き続き獲得、邦題「2018 世界はこうなる」として発行する。40カ国で毎年発行されている「The World in」は、クオリティと信頼性に富む世界予測として高い評価を得ている。今回は朝鮮半島や中国などアジア情勢、テクノロジーがビジネスやファイナンスに与える影響、といった日本読者の関心が高い記事を取り揃える。英語版からの翻訳記事に加え、著名な半島ウォッチャーによる寄稿など日本版オリジナル記事も用意する。読者は国際情勢、経済、産業を俯瞰した良質な情報を得られる。


主な内容

◆世界各国を展望する記事(翻訳)◆

◇数字で見る世界各国 81カ国の2018年予測データを一挙掲載

◇世界地域別情勢記事約40本
 ・アジア
  「深淵をのぞき込む~米国と北朝鮮、
   核兵器開発を巡って危険な駆け引き~」
  「勢いに乗るインド首相」
 ・中国
  「新時代を宣言した習近平」
  「メガシティの夢」
  「デジタルシルクロード」
  「中国経済の展望」
 ・日本
  「新しい東京へ」
   (小池百合子都知事寄稿)
 ・英国
  「離脱へのカウントダウン」
  「ドーバー海峡にかかる霧~経済を襲う嵐の前の静けさ~」
  ※ほか、米国、欧州、中東、アフリカなどの情勢記事


◆世界のビジネストレンドがわかる記事(翻訳)◆

◇数字で見る産業 15業種の2018年を予測

◇ビジネス情勢記事約30本
 ・ビジネス
  「オモ(OMO)サピエンスの登場
   ~オンラインの世界とオフラインの世界の融合~」
  「アルゴリズムがボスになる
   ~勤務評定のバイアスをコンピューターが修正~」
  「エンターテインメントは新たなページを開く
   (ディズニーのボブ・アイガーCEO寄稿)」
 ・金融
  「うますぎる話
   ~過去最長に近いこの強気相場を終わらせるものは何か~」
  「経済が爆発する」
  「不一致
   ~米国では綱が緩められるが、欧州はそうはいかない~」
  「危険を冒しても得るものは小さい
   ~スタートアップ企業への投資はかつてなくリスクあるものになる~」


◆世界の中の日本(日本版オリジナル)◆

 ・アジア情勢
  「不透明な半島シナリオを読む」
  「矛盾を百も承知の中国」

 ・ビジネスを変えるテクノロジー
  「スタートアップにチャンスはあるか」
  「ゲームチェンジングテクノロジーの明日」
  「Fintechはいつまで続くか」
  「社員のパスワードが大量漏洩」


2016 世界はこうなる

2018年2月1日発売
定価1,800円+税
A4変型、188ページ
発行:日経BP社
発売:日経BPマーケティング
ISBN 978-4-8222-5838-2

2018 世界はこうなる

  • 日経BP書店でのお申し込みはこちら
  • アマゾンでのお申し込みはこちら

全国の書店でもお買い求めいただけます。