3Dプリンティングは、印刷技術によって材料の断面形状の積層を行い、3次元構造体を作製する手法である。本手法の初期のアプリケーションは、ラピッドプロトタイピングにあったが、航空宇宙、自動車、防衛などの特殊部品を必要とする産業部門で、製品製造に使われるようになっている。装置や材料の研究開発の進展によっては、材料選択の幅が広がり、品質が向上し、コストが削減され、様々な業界で受け入れられるようになるかもしれない。また本手法を並列化した装置は、大量生産可能な小規模工場を実現する可能性がある。そのような工場が現実となった時、工場は消費地の近くに分散配置され、顧客のニーズに俊敏な対応が可能となり、これまでの大規模工場やサプライチェーンに破壊的な影響をもたらすことになる。本分野では、今後の3Dプリンティングの技術進化や市場展開と共に、様々な業界で起こり得る新たな事業展開の可能性について詳細に見ていく。


有機エレクトロニクス 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 3Dプリンティング技術
‒ 熱溶解積層法
‒ 光造形法
‒ レーザー焼結法(SLS)
‒ 直接金属レーザ焼結法(DMLS)
‒ 選択的レーザー溶融(SLM)
‒ 電子ビーム溶解法(EBM)
‒ ジェットフォトポリマー
‒ 結合剤噴射法
■ 材料
‒ 熱可塑性プラスチック
‒ フォトポリマー
‒ 金属
‒ セラミックスと無機材料の粉末
‒ バイオマテリアル
■ オブジェクト・モデリング
‒ オブジェクト・モデルの評価
‒ 3Dプリンティングのファイルの種類
‒ スライシングソフトウエアとデザインルール
■ CAE
(Computer-Aided Engineering)
■ オブジェクトスキャニング
‒ ステレオビジョン
‒ TOF(Time of Flight)
‒ ストラクチャードライト
‒ コンピューター断層撮影(CAT)
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
■ 重要な課題
■ 重要な競合技術
■ 重要な標準や規制
■ 重要な資源
■ 重要な関連技術
不確実性の考察と観察すべき領域
■ アプリケーション開発
■ ビジネスモデルの進展
■ CADデザインとモデリングの開発
■ 著作権と知的財産権の動向
■ 使い勝手/利用可能性
■ 3Dイメージング/スキャニングの開発
■ 検査と計測方法の開発
■ 材料コストの動向
■ 材料品質の進展
■ マルチマテリアルプリンターの開発
■ 新しい3Dプリンティング技術の進展
■ 新しい材料の開発
■ 印刷可能な大きさと解像度の向上
■ 印刷速度の向上
■ 規制動向
■ 標準化の動向

市場の発展可能性
製品・サービスの展開
■ 3Dプリンティング市場
‒ 産業構造、バリューチェーン、ビジネスモデル
‒ 最終ユーザー
■ 航空宇宙産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 建築産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 自動車産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 防衛宇宙産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 歯科産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ エレクトロニクス産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ ファッション衣料産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 食品産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 医療産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会
■ 玩具娯楽産業
‒ 既存のアプリケーション
‒ 事業機会


3Dプリンティング 3D Printing

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2015年12月11日発行
■ 英語版 
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

3Dプリンティング 3D Printing

[3Dプリンティング 3D Printing] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック