センサー・ネットワークを通じてコンピュータが人々の欲求やニーズを自動的に吸い上げ、人工知能を介することで、それらに応じた適切なサービスをその場でリアルタイムに提供する。パーベイシブ・コンピューティングが進化し、実用化されることで、このような利便性の高い社会が将来やって来る。これにより政府や医療機関などのサービスがさらに充実すれば、人々の生活の質が大きく改善されるだろう。パーベイシブ・コンピューティングへの道はまだ始まったばかりである。機器間の相互接続技術の確立やプライバシーの問題など、様々な障害が待ち受けている。ネットワーク社会がもたらす利便性は非常に高く、今後も完成形に向けて着実に開発が進んでいくことは間違いない。本分野では、必要な技術体系を整理し、不確実な要素を検証しながら、パーベイシブ・コンピューティングがもたらす様々な利便性、事業機会について考察する。


パーベイシブ・コンピューティング 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 可能にするコンポーネント
■ システム
‒ ネットワーク・インフラ
‒ ソフトウエア・アーキテクチャ
‒ スタンダード
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
‒ キラーアプリの必要性
‒ プライバシーに関する懸念
‒ ユーザーの例
■ 重要な課題
‒ 価値獲得
‒ スタンダードと相互接続性
‒ コスト
■ 重要な関連技術
‒ インターフェース
‒ ネットワーク
‒ 可視光通信
‒ 電源
‒ ユビキタス・エンベデッド・プロセッシング
‒ ソフトウエア・アーキテクチャ
■ 重要な競合技術
■ 重要な資源
■ 重要な標準や規制
‒ 責任
‒ プライバシーとセキュリティ
‒ ネットワークの中立性
事業化に影響を及ぼす要因
■ センサーの開発
■ 電源の状況
■ 商用スマートスペースの展開
■ ビジネスモデルの展開
■ マンマシンインタフェースの開発
■ 知的エージェントの開発
■ コンテクスト・アウェアネスの展開
■ ソフトウエアの生産性の向上
■ ネットワークの中立性の展開
■ セルラーネットワークの展開
■ 無線LANの展開
■ 標準化と相互接続性の展開
■ マルチホップ・メッシュネットワークの開発
■ プライバシーに関する課題の展開
■ 自動化に対する受容性
■ セキュリティに関する課題の展開
■ 演算装置の開発
■ 信頼性の向上
■ ワイルド・カード
市場の発展可能性
■ セキュリティの問題(A+D)
■ 壁に囲まれた庭(B+C+D)
■ ニッチ市場でのパーベイシブ・コンピューティング(A+B+C)
■ パーベイシブソリューション(A+B+C+D)

製品・サービスの展開
■ コネクテッド・ライフ
‒ コネクテッド・アプリケーションとスマートホーム
‒ モノのインターネット
‒ スマートフォンとタブレット
‒ ソーシャルネットワーキング
‒ オンラインゲーム
‒ カジノとギャンブル
‒ スマートスペースとしての自動車
‒ インテリジェント・移動システムと
半自動運転車
‒ 位置情報サービス
‒ ユーザーインターフェース
‒ ウエアラブル・ライフ・レコーダー
‒ 無線給電とエネルギーハーベスティング
■ 教育とトレーニング
‒ デジタルクラスルーム
‒ パーベイシブラーニングと携帯型コンピュータ
‒ eリーダー
■ 環境及びインフラのセンシング/モニタリング
‒ スマートグリッドとスマートホーム
‒ センサーネットワークシステム
‒ モバイルセンサープラットフォーム
‒ マルチセンサーネットワーク
■ 健康とフィットネス
‒ パフォーマンスモニター
‒ ゲームによる運動
‒ 病院及び介護施設でのスマートスペース
‒ 医療
‒ コネクテッドホスピタル
‒ コネクテッド手術室
‒ ヒューマンオーグメンテーションとブレインマシンインターフェース
■ セキュリティ
‒ 軍用モノのインターネット
‒ 法的処置
‒ 国境、港湾のセキュリティ
‒ バイオメトリクス
‒ 家庭向け/企業向けリモートセキュリティモニタリング
‒ 災害救助とヒューマニタリアン・テクノロジー
■ 職場の生産性と商取引
‒ 仮想パーソナルアシスタント
‒ 企業内ソーシャルネットワーキング
‒ テレプレゼンス
‒ 支払いシステム
‒ スマート倉庫と在庫管理の自動化
‒ ファクトリーオートメーション
‒ 商用/公用のスマートビルディング
‒ 建設・ビル情報管理と請負
‒ 従業員ロケーション追跡サービス


パーベイシブ・コンピューティング Pervasive Computing

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2015年12月11日発行
■ 英語版 
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

パーベイシブ・コンピューティング Pervasive Computing

[パーベイシブ・コンピューティング Pervasive Computing] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック