自然界に豊富に存在する再生可能なエネルギー資源(太陽光、風力、バイオマス、地熱、海洋エネルギーなど)を巡って、技術開発競争が熱を帯びてきた。世界的なエネルギー需要の増大、環境破壊に対する懸念、エネルギー安全保障の問題などが、各国政府や企業にとって大きな刺激剤になっている。こうしたクリーンなエネルギー資源は、各国の経済発展を促し、特に新興国の生活水準の改善に一翼を担うことは間違いない。大手メーカーをはじめ、投資機関の支援を受けたベンチャー企業が、われ先へと開発競争に名乗りを挙げている。経済発展と環境面のバランスを考慮した開発が、今後ますます重要になってくるだろう。本分野では、こうした再生可能なエネルギー資源を巡る技術開発、並びにその事業化動向を観測し、今後の新たな事業機会の可能性について探る。


有機エレクトロニクス 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 太陽光技術
‒ 太陽光発電技術
‒ BOS(Balance of System)と
太陽光発電-バッテリーシステム
‒ 太陽熱システム
‒ 環境問題
■ 風力技術
‒ 陸上風力
‒ 海上風力
‒ 環境問題
■ バイオマス変換技術
‒ 燃料エタノール
‒ バイオブタノール
‒ バイオディーゼル
‒ 藻類バイオ燃料
‒ 他の再生可能炭化水素
‒ 固体バイオマスとバイオガス燃料
‒ 環境問題
■ 地熱技術
‒ 熱水システム
‒ 高温岩体地熱発電システム
‒ 環境問題
■ 水力技術
‒ 技術
‒ 環境問題
■ 海洋潮汐/波力技術
‒ 潮汐力
‒ 波力
‒ 環境問題
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
■ 重要な課題
■ 重要な関連技術
■ 重要な競合技術
■ 重要な資源
■ 重要な標準や規制
不確実性の考察と観察すべき領域
■ 消費者需要
■ 既存エネルギーのコストと供給量
■ コスト競争力
■ 流通とインフラ
■ エネルギー貯蔵
■ 地球温暖化
■ 政府の規制と政策
■ 長期間の持続可能性
■ 資源の可用性
■ 新しい電力網技術の開発
■ 研究投資の動向
■ 僻地での資金調達と計画の採用
■ 先進的なシステムと技術開発
■ 公共事業会社に関する規制緩和と再構築
■ 世界的エネルギー需要

市場の発展可能性
製品・サービスの展開
■ 太陽光エネルギー
‒ 家庭用と商業用の系統連系形太陽光発電
‒ 建物一体型太陽光発電
‒ 発電所規模太陽光発電と
集光型太陽熱発電
‒ 太陽光自家発電による僻地の電化
‒ 太陽熱暖房/冷房
‒ 自家発電による工業用リモート電源
‒ 携帯電源
■ 風力エネルギー
‒ 発電所規模風力発電
‒ マイクロ風力発電
■ バイオマスエネルギー
‒ 輸送用バイオ燃料
‒ バイオパワーとバイオガス
■ 僻地自家発電と暖房
■ 地熱エネルギー
‒ 発電所規模地熱発電
‒ 暖房/冷房アプリケーション
■ 水力エネルギー
‒ 発電所規模水力発電と貯蔵
‒ 分散・自家発電
■ 海洋エネルギー
‒ 発電所規模
‒ リモート自家発電


再生可能エネルギー技術 Renewable Energy Technologies

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2015年12月11日発行
■ 英語版 
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

再生可能エネルギー技術 Renewable Energy Technologies

[再生可能エネルギー技術 Renewable Energy Technologies] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック