燃料電池は、化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換するため燃焼による発電に比べ、高効率、低騒音、低汚染で電力を生み出すことができる。携帯電源、リモート電源、オンサイト電源を狙った研究開発が盛んに行われており、すでにいくつかの企業が設置型発電機として発売している。今後も研究開発への投資が継続されると思われるが、商用化を更に加速させるためには、より一層のコストダウンが必要であるのは言うまでもない。クリーンなエネルギー源としては、他にも太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーが存在する。これらの技術に対して高い競争力を発揮できるかどうかが、今後の燃料電池の普及に大きな影響を与えるものと言えるだろう。本分野では、燃料電池の技術進化や市場展開と共に、様々な業界で起こり得る事業展開について詳細に見ていく。


燃料電池 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 電池の種類
■ プロトン交換膜
‒ プロトン交換膜燃料電池のアプリケーション
‒ プロトン交換膜燃料電池の燃料
‒ メタノール直接型燃料電池
■リン酸
‒ リン酸型燃料電池のアプリケーション
‒ リン酸型燃料電池の燃料
■ 融解炭酸塩
‒ 溶融炭酸塩型燃料電池のアプリケーション
‒ 溶融炭酸塩型燃料電池の燃料
■ 固体酸化物
‒ 固体酸化物形燃料電池のアプリケーション
‒ 固体酸化物形燃料電池の燃料
■ アルカリ溶液
‒ アルカリ形燃料電池のアプリケーション
‒ アルカリ形燃料電池の燃料
■ 他の燃料電池技術
‒ 金属燃料電池もしくはバッテリー
‒ バイオ燃料電池もしくは微生物燃料電池
‒ ダイレクトカーボン型燃料電池
‒ アンモニア-水和ヒドラジン燃料電池
■ 水素製造
‒ マイクロリアクターによる水素製造
‒ 原子力水素製造
■ 水素貯蔵材料
‒ 金属水素化物
‒ 金属窒化物
‒ 金属有機構造体
‒ 炭素同素体
事業化に影響を及ぼす要因
■ 設置型電源
‒ 重要な需要要件
‒ 重要な課題
‒ 重要な関連技術
‒ 重要な競合技術
‒ 重要な資源
‒ 重要な標準や規制
■ 運輸・自動車用電源
‒ 重要な需要要件
‒ 重要な課題
‒ 重要な関連技術
‒ 重要な競合技術
‒ 重要な資源
‒ 重要な標準や規制
■ 携帯電源
‒ 重要な需要要件
‒ 重要な課題
‒ 重要な関連技術
‒ 重要な競合技術
‒ 重要な資源
‒ 重要な標準や規制

重要な不確実要因の考察と観察すべき領域
■ 設置型電源
‒ 消費者の期待
‒ 商用システムのコストと可用性及び競合システムのコスト
‒ エネルギー媒体としての水素
‒ 規制の廃止/再編
■ 運輸・自動車用電源
‒ コスト削減
‒ 燃料提供及び貯蔵インフラ
‒ 消費者の受容性
‒ 競合技術のコストと性能
‒ 大気汚染に関する規制
■ 携帯電源
‒ 携帯電源に対する要望
‒ 高コスト効率/高信頼性システム
‒ 消費者の受容性
‒ 携帯電源に対する需要
‒ 燃料運搬/補完に関する規制
‒ 消費者市場への提供方法
‒ 先進電池のコストと可用性
市場の発展可能性
製品・サービスの展開
■ 設置型電源
‒ 大規模設置型電源アプリケーション
‒ 小規模設置型電源アプリケーション
‒ 工業副産物からの電力
■ 運輸・自動車用電源
‒ 軽量車両の推進力
‒ バスの推進力
‒ 特殊車両の推進力
‒ 補助動力装置
■ 携帯電源
‒ 産業構造
‒ 商用化の機会


燃料電池 Fuel Cells

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2015年12月11日発行
■ 英語版 
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

燃料電池 Fuel Cells

[燃料電池 Fuel Cells] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック