熱や光、圧力、磁場などの外部刺激を受けて、何らかの反応を示す材料をスマート材料と呼ぶ。これらの素材は、環境の物理的刺激に対して直接反応するため、複雑な機械動作を必要とせず、機能をコンパクトに設計することができる。圧電材料や形状記憶材料、熱電材料、磁性流体や自己修復材料などが主な領域だが、圧電材料以外、用途展開の歴史は浅い。市場の伸びはまだ緩やかであるものの、パフォーマンスの改善と共に信頼性が高まり、さらに生産効率の向上、低コスト化が伴えば、自動車、医療、食品、生活用品まで、幅広い産業に恩恵をもたらすことが期待される。本分野では、当該部材の開発現状を踏まえた上で、今後のアプリケーション展開の行方、市場に与えるベネフィットなどについて詳細に見ていく。


スマート材料 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 長所
■ 短所
■ 場依存性の材料
‒ 圧電材料
‒ 磁歪材料
‒ 電歪ポリマー
‒ 摩擦電気
■ スマート流体材料
‒ 磁性流体
‒ 強磁性流体
‒ 電気粘性流体
■ 形態記憶材料
‒ 形態記憶合金
‒ 形態記憶ポリマー
■ 熱電材料
■ メタ材料
■ 生体素材との接点
■ プログラム可能な素材
■ その他の素材
■ 関連デバイス
‒ 形態記憶デバイス
‒ スマートガラスデバイス
‒ 自己修復材料と部品
‒ エネルギーハーベスティングデバイス
‒ スマート・テキスタイル
‒ 熱電モジュール
‒ 磁歪デバイス
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
■ 重要な課題
■ 重要な関連技術
■ 重要な競合技術
■ 重要な資源
■ 重要な標準や規制
不確実性の考察と観察すべき領域
■ 大規模需要のある用途の開発
■ 圧電性能とMEMSの開発
■ コスト重視市場と性能重視市場の間の行き来
■ 触感:ヒューマン・マシン・インターフェースの開発
■ 研究投資の動向
■ 高反応素材の開発
■ 電子材料のリサイクルの進展
■ 人工筋肉の開発
■ ナノテクノロジーの開発
■ 建築物への機能性材料の適用
■ 機能性の向上
■ メタ材料の開発
■ 毒物規制

市場の発展可能性
■ 機能性材料利用の拡大
■ 自動車部品やシステムへの応用拡大
■ マスマーケットへの普及
■ 大規模な事業化の遅れ
■ 結果の可能性
製品・サービスの展開
■ 自動車及び地上の交通システム
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 航空機及び軍需
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 医療
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 産業、電力及び建設業
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 電子工業
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 消費者向け製品
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 食品、飲料
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ ロボット
‒ 業界構造
‒ 事業機会


スマート材料 Smart Materials

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2015年12月11日発行
■ 英語版 
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

スマート材料 Smart Materials

[スマート材料 Smart Materials] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック