携帯電話と関連するモバイルサービスは先進国で生まれ、現在では新興国を含めた世界で生活する人々のインフラの一部となった。米国の大人の約90%は携帯電話を持っており、そして複数のモバイルサービスでアカウント持つ人々が多い国では、携帯電話の市場浸透率は100%を超えている。携帯電話は急速に市場に浸透したが、モバイルデバイスが、ジャストインタイムの情報アクセス、在宅勤務、オンラインバンキング、オンラインショッピング、乗換案内等の革新的なサービスを提供するユビキタスチャネルになるまで、モバイル通信の持つ潜在能力が十分に発揮されているとは言えない。自動車やインフラ、住宅や家電、日常生活用品まで、モノのインターネット(IoT)の中で相互接続され、その中にモバイルデバイスが重要な情報ハブとして組み込まれることとなる。そのような環境下でユーザーはストレスを感じること無く、モバイルデバイスから多様なタスクをマルチで実行可能になるだろう。本分野では、多くの不確実要因を観測しながら、今後の技術ロードマップ、新たなアプリケーション展開の行方、関連企業を巡る事業環境の将来像などについて情報を提供する。


モバイル通信 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 携帯電話ネットワーク
‒ CDMA vs GSM
‒ 世代とキー技術
‒ 第4世代技術
‒ 第4世代の先
■ アンシラリーコミュニケーションネットワーク
‒ 無線LANとPAN
‒ ボディエリアネットワーク
‒ 近距離無線通信とRFID
‒ M2M通信
‒ ジオロケーションとGPS
■ 特定用途モバイルコミュニケーションネットワーク
‒ 衛星電話通信
‒ プロフェッショナル地上モバイルラジオ技術
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
‒ 社会的交流に対する衝動
‒ モバイルデータとスマートフォン利用
‒ 新興国でのモバイルサービスの浸透
‒ 電話の置換率
‒ 様々な説得力のあるアプリケーション
‒ 安全とセキュリティ
■ 重要な課題
‒ 無線通信でのトレード・オフ
‒ 相互運用性
‒ 排他的帯域免許
‒ 特許訴訟
■ 重要な競合技術
‒ 固定電話
‒ 固定ブロードバンド
‒ Wi-Fi
‒ マルチホップメッシュネットワーク
■ 重要な標準や規制
‒ 寡占
‒ 交通安全の法律
‒ ローミングと事業者間費用の上限
‒ 救急サービス
‒ 特許規則
‒ ネット中立性に関する規制
‒ 携帯電話の航空機内での利用
‒ ワイヤレス通信の健康への影響
‒ 地域での障害

■ 重要な資源
‒ 信用
‒ ネットワークインフラとオペレーション
‒ 無線帯域
‒ 補助金
■ 重要な関連技術
‒ 充電式バッテリーと電源管理システム
‒ 固体エレクトロニクスとMEMS
‒ モバイルユーザーインタフェース
‒ ナビゲーションと地図
不確実性の考察と観察すべき領域
■ クラウドアプリとサービス
■ メッシュ、マルチホップ、マルチユーザー接続
■ モバイルデータの価格
■ 破壊的な競合
■ 埋め込みデバイスの拡散
■ モバイル広告
■ 第4世代とLTE
■ 帯域の入手可能性
市場の発展可能性
■ カットコード
■ ネット接続デバイスを大量に持つユーザー
■ 壁に囲まれた庭
■ ダムパイプとOTTサービス
製品・サービスの展開
■ アプリケーション
‒ 音声
‒ インターネット接続共有
‒ ナビゲーションと位置情報サービス
‒ エンターテインメント
‒ 商取引と銀行業
‒ メッセージングとソーシャル・ネットワーキング
‒ 電話会議とユニファイドコミュニケーション
‒ 企業と行政
‒ 健康とフィットネス
‒ セキュリティと安全
‒ 遠隔操作
‒ モノのインターネット(IoT)
■ ビジネスモデル
■ バリューチェーンとバリューネットワーク
‒ スマートフォンブランドとOEM
‒ インフラと知的財産


モバイル通信
Mobile Communications

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2016年11月16日発行
■ 英語版
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

モバイル通信 Mobile Communications

[モバイル通信 Mobile Communications] お申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック