近年、医療用材料の応用範囲が広がっている。これまでインプラント材料(人工関節、人工歯根など)や手術用縫合糸などを中心に市場が拡大してきたが、最近ではドラッグ・デリバリー・システムや再生医療などの分野でも医療用材料に対するニーズが高まっている。当該技術の実用化のカギを握っているのは、安全性や信頼性の向上である。今後さらなる技術改善が進めば、健康回復、身体機能改善などを望む人々にとって明るい未来が待ち受けていることは間違いない。組織や器官の自然発生的な置き換えを可能にする幹細胞技術との競争も予想されるが、ここ10年から20年の実用化の面では医療用材料が重要な位置を占めていくだろう。当面の大きな課題は、開発費や承認獲得のための費用負担、医療費の拡大、また医療事故に対する訴訟リスクなどの問題にどう対処していくかである。本分野では、こうした課題も踏まえながら、今後の医療用材料の技術開発の見通し、市場展開の行方、事業機会などについて分析を加える。


医療用材料 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ 要素素材
‒ 金属材料
‒ セラミックス材料
‒ 樹脂材料
‒ 複合材料
‒ 生体材料
■ 生体適合性
■ システムやモジュール
■ アプリケーション
事業化に影響を及ぼす外的要因
■ 重要な需要要件
■ 重要な課題
■ 重要な関連技術
■ 重要な競合技術
■ 重要な資源
■ 重要な標準や規制
不確実性の考察と観察するべき領域
■ 材料開発
■ インプラント型ドラッグ・デリバリー・システム
■ 規制や安全性の課題
■ インプラントの進化
■ 遺伝子組み換え製品

■ 再生医療
市場の発展可能性
■ 生体組織工学を用いた臓器構築と移植
■ 超精密ドラッグ・デリバリー
■ ホメオスタティスのメカニズムの回復
■ 効果的で長期使用可能な非生物材料インプラント
製品・サービスの展開
■ 歯科領域
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 生体組織工学領域
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 創傷治療と閉鎖の領域
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ 整形外科領域
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ その他のインプラント
‒ 業界構造
‒ 事業機会
■ インプラント型ドラッグ・デリバリー・システム
‒ 業界構造
‒ 事業機会


医療用材料
Biomaterials

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2016年11月16日発行
■ 英語版
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

医療用材料 Biomaterials

[医療用材料 Biomaterials] お申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック