エレクトロニクスと情報通信に関連する技術革新に伴うコネクテッドライフの拡大と自動運転の市場導入が始まったことで、車と運転の質が大きく変化しようとしている。自動車業界を中心とする産業界は、車を高度な情報ネットワーク環境の中に取り込むことで、運転者や同乗者の利便性や安全性、娯楽や交通情報などへのアクセス、車外の人々との繋がりをさらに一層向上させようとしている。コネクテッド・カーの技術は様々なアプリケーション市場を創出し、人々の生活をドラスティックに変える力を持っている。これは関連企業にとっても大きな事業機会となる。一方で、車とエレクトロニクス製品のライフサイクルの違い、ネットワーク間の互換性の問題など、クリアすべき課題がいくつか存在している。本分野では、こうした様々な技術的課題をはじめ、政府の規制動向、文化的背景なども踏まえた上で、コネクテッド・カーの未来について考察する。


コネクテッド・カー 目次

はじめに
技術体系の全体像
■ システム
‒ 車両の無線技術
‒ ジオロケーションシステム
‒ 地理情報システム(GIS)
‒ 緊急時通報/路上支援/コンシェルジュシステム
‒ ナビゲーションシステム
‒ 車両インフラ統合(VII)
‒ 車車間(V2V)と歩車間(V2P)通信
‒ プローブカーとフローティングカーのデータ
‒ ビークルツークラウドツービークル通信
‒ 警告システム
‒ 運転行動支援技術:(ビヨンド)クルーズコントロール
‒ 自律走行車両
‒ カーエンターテイメントシステム
‒ 音声インターフェイス
‒ 携帯端末用インターフェイス
‒ 仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、インカーサイネージ
■ 重要なコンポーネント
‒ データラジオ、ビーコン、トランスポンダー
‒ レーダー、レーザーレーダー、ソナー
‒ アンテナ
‒ マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ
‒ メモリ、ストレージ
‒ ソフトウエア
‒ ディスプレイ、タッチスクリーン
‒ 操縦系統
‒ グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)
‒ センサー
‒ アラーム、計器
‒ カメラ
‒ 車内LAN
事業化に影響を及ぼす要因
■ 重要な需要要件
‒ 消費者
‒ 道路運送業者
‒ 企業
‒ 自動車メーカー
■ 重要な課題
‒ 情報過多と運転者の不注意
‒ 規制と文化の地域格差
‒ 相互運用性の欠如
‒ 安全性欠陥、障害と訴訟
‒ コスト
‒ 自動車分野とエレクトロニクス分野のライフサイクルにおけるミスマッチ
‒ 自動車分野とエレクトロニクス分野の研究開発におけるミスマッチ
‒ 解決のできない問題
■ 重要な関連技術
‒ 無線通信
‒ 道路インフラストラクチャ
‒ 個人用携帯端末
‒ 音声インターフェイス
‒ ジオロケーション
‒ コネクテッド商用車
‒ 放送
‒ コンテンツ配信ネットワーク
■ 重要な競合技術
‒ インターネットでの旅行先事前調査
‒ 放送
‒ パッケージメディア
‒ 個人用携帯端末
■ 重要な資源
‒ 無線の有効範囲、スペクトル、 帯域幅
‒ 研究開発の予算と課題
‒ 標準
‒ 運転者のためのユーザーインターフェース
■ 重要な標準や規制
‒ 地域間や国家間の差
‒ 安全に関する標準と法律

‒ 電波スペクトル
‒ インフラストラクチャの予算
‒ 救急サービス
不確実性の考察と観察すべき領域
■ 全ての未来像においてありそうな状況
‒ 地域格差
‒ 通信コスト
‒ 安全やセキュリティの妥当性
■ 未来像間で大きく変化している状況
‒ インフラストラクチャの予算
‒ 法的責任
‒ モバイル統合
‒ 先進車両インフラストラクチャ統合
‒ 車車間(V2V)通信
‒ 代替無線ネットワーク
‒ プローブカーと ライブトラフィックレポート
‒ 局所探索法
‒ ソフトウエアエージェントによる音声対話
‒ データの所有権
‒ アフターマーケットソリューション
‒ 先進無線によるソフトウエアアップデートと診断
‒ 先進予測
■ ワイルドカード:市場を劇的に変化させる恐れがあるが、起こりそうにない出来事
‒ 拡張現実(AR)
‒ 自律走行車両
‒ "プライバシーチェルノブイリ"
市場の発展可能性
■ インダッシュナビゲーションプラットフォーム
■ 携帯端末プラットフォーム
■ 車両インフラ統合(VII)
■ 自律運転安全システム
■ インダッシュポータブルナビゲーション市場との共存
■ VII用ユーザ端末としてのインダッシュナビゲーションシステム
製品・サービスの展開
■ アプリケーション
‒ 先進技術を使った省エネパワートレイン
‒ 道路通行料自動徴収システム(ETC)
‒ カーシェアリング
‒ 盗難車両の追跡
‒ 地図とナビゲーションシステムの使い方
‒ 緊急援助とコンシェルジュサービス
‒ 走行距離連動型保険
‒ デジタルラジオ
‒ モバイルデバイス統合
‒ オンデマンド型ネット接続オーディオ
‒ ワイヤレスデジタルビデオ
‒ 衝突警告レーダー
‒ 車線逸脱警告
‒ オンデマンド運転操作
‒ リラックス-アテンション運転
‒ アダプティブクルーズコントロール、衝突防止, 車線保持
‒ ビークルプラトーン
‒ ワイヤレス診断とリモートソフトウエアアップデート
‒ リアルタイムローカルトラフィックアドバイス
‒ 音声認識
‒ 先進車両インフラ統合、情報給油、スマートサイン
‒ ビークルツーグリッド(V2G)サービス
‒ ペデストリアンビーコン
‒ アドホック車車間通信
‒ プローブカー
‒ 車両内商取引
‒ フリート管理、Fleet Management、配送、宅配, 追跡
‒ 移動オフィスとリモートワークソリューション
■ ビジネスモデル
‒ 自動車メーカーによるテレマティクスサービスのセット販売
‒ 卸売りとアウトソースのテレマティクスサービス
‒ 顧客統合テレマティクスサービス
‒ ポータブルテレマティクスプラットフォーム


コネクテッド・カー
Connected Cars

■ 著者:Strategic Business Insights
■ 2016年11月16日発行
■ 英語版
■ A4判、約100ページ
■ 本体価格:300,000円+税
■ 発行:日経BP社

コネクテッド・カー Connected Cars

[コネクテッド・カー Connected Cars] お申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック