ロボットの未来 2017-2026
ロボット革命前夜
ロボット革命前夜
NEXT 10 YEARS
NEXT 10 YEARS
見たことのない風景…ロボットがやって来る
ロボットがやって来るイメージ

グーグルがロボット関連企業8社を買収したことは記憶に新しい。
また、ソフトバンクやトヨタ自動車、ソニーといった企業もロボット技術への投資やロボット人材を増強させています。

歴史の長いロボット産業の中で、異分野からの投資がここにきて急拡大している背景には、人工知能やIoTを始めとした新技術と融合しながら“未来ロボティクス”としてまったく新しく生まれ変わろうとしていることがあります。

米国では豊富な資金を元に開発された軍事用ロボットがさまざまな分野へ転用されだしています。
また、ビジネスの世界でも、「かしこいロボット」を活用したさまざまな試みが始まっています。
昨今、ロボットを製造するメーカーは情報化とサービス化によって、新しいビジネスを生み出していますが、逆に、新しいサービスを立案し、必要な情報(データ)を収集するために、これまでにないタイプのロボット(データボット)を開発する企業が現れました。

ロボットがやって来るイメージ

インターネットにつながり、ディープラーニングによって新たな能力を獲得することが自明なロボットはわれわれにどのような影響を与えるのでしょうか。


『ロボットの未来2017-2026』では、大きな転換期を迎えるロボットやロボットにかかわる新しい技術がどのような未来を作り出すのか、グローバルなメガトレンドや社会課題の視点から俯瞰して長期予測を実施します。


現在、重点的に投資されている技術や応用分野から見える既存産業へのインパクトや新たに生まれる市場、ビジネスモデルを予測することで見えてくる未来の姿。
産業構造を一変させる威力を持ったロボットが既存事業に与える影響を認識するとともに事業戦略の立案にご活用ください。

新刊「ロボットの未来」構成

10年後のロボットが影響を与える産業と市場のチャンスリスクを提示

注目の投資領域

現在、どの領域で積極的な投資が行われているのかを分析することで国内ではわからない大きなトレンドをつかむ。

R&Dの動き

ロボットの研究開発で着目すべき動向をグローバルな事例紹介をするとともに重点分野での技術の進む方向を予測。

10年後のロボット予測

「製造」「物流」「医療」「自動運転」「軍事・安全保障」領域で見える将来のロボットの姿を提示。

11の新機能予測

未来のロボットに必要とされる機能を抽出し、方向性と課題を分析予測。

click!

21の新規ビジネス予測

新機能を獲得することで生まれるまったく新しい価値とビジネスを予測

click!

事業機会の分析

未来のロボットが、既存産業・ビジネスに与える影響を分析予測

不慣れな場所でも
目的地に到着できる

人や障害物に囲まれていても、
ぶつからず移動できる

目的を達成するために
複数の選択肢を吟味できる

行動を通じて物理法則を
直観的に理解する

暗黙のルールを理解し、
阿吽の呼吸で行動ができる

馴染みのない道具の機能を
理解でき、操作できる

文脈を理解して
曖昧な要求に答えられる

人の快・不快を理解できる

人のユーモアや
感情表現を理解できる

人に分かりやすく説明できる

人の行動心理を理解できる

意味理解型人間機械コラボレーションシステム

バイオミメティックインフラ点検ボット

問題解決型インフラ点検ボット

国境なき医療診断ボット

体内検査ボット

移民向けライフラインサポートボット

テロプレディクトシステム

ポリスボット

社会脳に基づく群衆の行動心理予測

消費者の質感知理解サービス

消費者の無意識購買行動理解サービス

広告をみたユーザーの感情理解サービス

個人理解に基づくジョブアサイメントサービス

カルチュラルコンピューティングによる
カウンセリングサービス

アダプティブラーニングボット

阿吽の呼吸型ボット

投資アドバイザーボット

セールスフォースエンパワーメントサービス

ビジネススキルオーグメントサービス

アンビエントオリエンティッドホーム

共感型バーチャルナーシングサービス

新刊「ロボットの未来」構成

10年後のロボットが影響を与える産業と市場のチャンスリスクを提示

注目の投資領域

現在、どの領域で積極的な投資が行われているのかを分析することで国内ではわからない大きなトレンドをつかむ。

R&Dの動き

ロボットの研究開発で着目すべき動向をグローバルな事例紹介をするとともに重点分野での技術の進む方向を予測。

10年後のロボット予測

「製造」「物流」「医療」「自動運転」「軍事・安全保障」領域で見える将来のロボットの姿を提示。

11の新機能予測

未来のロボットに必要とされる機能を抽出し、方向性と課題を分析予測。

click!

不慣れな場所でも目的地に到着できる

人や障害物に囲まれていても、ぶつからず移動できる

目的を達成するために複数の選択肢を吟味できる

行動を通じて物理法則を直観的に理解する

暗黙のルールを理解し、阿吽の呼吸で行動ができる

馴染みのない道具の機能を理解でき、操作できる

文脈を理解して曖昧な要求に答えられる

人の快・不快を理解できる

人のユーモアや感情表現を理解できる

人に分かりやすく説明できる

人の行動心理を理解できる

21の新規ビジネス予測

新機能を獲得することで生まれるまったく新しい価値とビジネスを予測

click!

意味理解型人間機械コラボレーションシステム

バイオミメティックインフラ点検ボット

問題解決型インフラ点検ボット

国境なき医療診断ボット

体内検査ボット

移民向けライフラインサポートボット

テロプレディクトシステム

ポリスボット

社会脳に基づく群衆の行動心理予測

消費者の質感知理解サービス

消費者の無意識購買行動理解サービス

広告をみたユーザーの感情理解サービス

個人理解に基づくジョブアサイメントサービス

カルチュラルコンピューティングによるカウンセリングサービス

アダプティブラーニングボット

阿吽の呼吸型ボット

投資アドバイザーボット

セールスフォースエンパワーメントサービス

ビジネススキルオーグメントサービス

アンビエントオリエンティッドホーム

共感型バーチャルナーシングサービス

事業機会の分析

未来のロボットが、既存産業・ビジネスに与える影響を分析予測

CHECK! 中身を見る

  • 意味理解型人間機械コラボレーションシステム

    意味理解型人間機械コラボレーションシステム

    意味理解型人間機械コラボレーションシステム

    建設現場や工場・プラント内の危険な場所で、人の業務指示を理解して、作業をサポートしたり、人に代わって作業できるロボット
  • バイオミメティックインフラ点検ボット

    バイオミメティックインフラ点検ボット

    バイオミメティックインフラ点検ボット

    バイオミメティック機構を利用して得た移動能力の経験知から、危険な場所や人が入れない場所を点検するロボット
  • 問題解決型インフラ点検ボット

    問題解決型インフラ点検ボット

    問題解決型インフラ点検ボット

    インフラ点検中に不測事態が発生した場合、障害物を回避したり、動かしたりするなど自ら解決策を見つけ出すボットを使ったサービス
  • 国境なき医療診断ボット

    国境なき医療診断ボット

    国境なき医療診断ボット

    医療機関が不足する地域で、医師や看護師の診断を支援するための医療専用のチャットボット
  • 体内検査ボット

    体内検査ボット

    体内検査ボット

    患者の身体を傷つけないように自律的に行動することができ、患者の体内のビッグデータを収集・解析し、異常を早期に発見できるロボット
  • ポリスボット

    ポリスボット

    ポリスボット

    町の安全を脅かす様子を上空から伺い、状況に応じて町の交番・駐在所の警察官の業務の一部を担うことができるドローン
  • 社会脳に基づく群衆の行動心理予測

    社会脳に基づく群衆の行動心理予測

    社会脳に基づく群衆の行動心理予測

    社会脳研究に基づき、群衆の行動心理を予測することで、暴動などが起こる兆候を見つけ、事前に対処するサービス
  • 広告を見たユーザーの感情理解サービス

    広告を見たユーザーの感情理解サービス

    広告を見たユーザーの感情理解サービス

    インターネットや実店舗などで広告を見た消費者の感情と実際の購買行動との関連性とを理解するサービス

※クリックすると画像が拡大されます

「図表データ」は付属CD-ROMに収録してありますので、事業計画書作成時にご活用いただけます。

特別編集版無料ダウンロードはこちらへ

レポートの実物を試し読みできます

「ロボットの未来」試し読みイメージ

日経ビジネス

日経BP社(東京都港区白金)にご来社いただいた方は、日経BP未来研究所発行のレポートをご試読いただけます。試読ご希望の方は、お問い合わせフォームかお電話で、ご希望のレポートおよびご希望日程(複数候補推奨)をご連絡ください。折り返し担当者より詳細をご案内いたします。

日経BPマーケティング営業3部未来レポート

お問合わせ

03-6811-8096

03-6811-8096

READERSHIP 読者層

産業別

部門別

活用目的 THE PURPOSE

『ロボットの未来2017-2026』 目次

※目次は変更になる場合があります。

プロローグ

1グローバルが注力するロボット投資領域

10の領域に対する日本、米国、欧州の三つの国・地域の投資状況を比較し、日本に比べ米国・欧州が注力している「自動運転」「製造・物流」「医療」「軍事」の4領域を重点領域として選定。三つの国・地域におけるロボットの研究動向、政策の移り変わりについて触れた上で、日本のロボット産業政策「ロボット新戦略」、米国の「NRI」、欧州の「SPARC」の概要を記述し、それぞれ各領域に対する投資状況を解説する。

1-1. 本章の構成
1-2. 主要国・地域のロボット関連政策

1-2-1. 日本

1-2-2. 米国

1-2-2. 米国

1-3. 各領域における日米欧の投資状況

1-3-1. 製造業

1-3-2. ホーム

1-3-3. 自動運転

1-3-4. 物流

1-3-5. インフラ

1-3-6. 医療

1-3-7. 介護

1-3-8. リハビリ

1-3-9. 災害対策

1-3-10. 軍事

2グローバルが注力するロボットR&D

欧米が注力しているロボットの4領域「自動運転」「製造・物流」「医療」「軍事」における最新の研究事例を紹介。事例ごとに「研究テーマ」「研究機関名」「代表研究者」「研究概要」「R&D達成後に残る問題点」「課題」の6点を記載。「研究概要」では、研究体制や研究している技術の特徴、想定されるアプリケーション、今後の研究の方向性などをまとめる。「R&D達成後に残る問題点」では、その研究における目標を達成してもなお残ると考えられる問題点を記載し、「課題」では、「R&D達成後に残る問題点」を解決するために突破すべき中長期的な課題を記載。

2-1. 本章の構成
2-2. 自動運転

2-2-1. 「人が好む経路」の学習から歩行者の行動を予測するロボット

2-2-2. 電波のつながりにくい場所において複数ロボットが連携するSLAM構築システム

2-2-3. 砂漠や湿地でも自律走行可能な無人地上車両

2-2-4. 360度カメラを使った潜在事故リスク認識システム

2-2-5. サイクリストのための衝突事故警告システム

2-2-6. プレシジョントラッキングシステム

2-2-7. ドリフト技術によって急カーブや凍結路でも安全走行可能な自動運転車

2-2-8. 積雪や夜間でも自己位置推定の可能な自動運転車

2-2-9. 知覚拡張による事故危険予測システム

2-2-10. 高齢者のための自動走行スクーター

2-2-11. 地図がない状況下でのスマートフォン・カメラを使った自動運転

2-2-12. 人の運転に近い自然な自動運転システム

2-3. 製造・物流

2-3-1. BCI とCV を組み合わせたロボティック・マニピュレーター

2-3-2. モノづくり現場用のモバイルロボットアシスタント

2-3-3. 人とロボットによるレスキューチーム

2-3-4. 同じテーブルで人と効率的に作業ができるロボット

2-3-5. 人の反応や人への与える影響を考えて行動する作業ロボット

2-3-6. 作業の巧拙を問わずどんな人とも協働できるロボット

2-3-7. エキスパートの実演から経験則を学習できるロボット

2-3-8. 部屋の特徴を覚え迷子にならないロボット

2-3-9. 顧客との共創作業を通じて開発・製造を行うロボット

2-3-10. 複数ロボットが情報交換しながら共通の概念を持てるシステム

2-3-11. 機構の制約を考慮した上で目的を達成するマニピュレーション

2-3-12. 倉庫内のどんな積荷でも扱えるロボットシステム

2-4. 医療

2-4-1. 医師の第3の腕(ウェアラブルアーム)

2-4-2. 土地勘のない場所において視覚障がい者に行動をアドバイスするバクスター

2-4-3. 未知の環境において視覚障がい者の行動を支援するナビゲーターロボット

2-4-4. 心臓のわずかな鼓動から人の興奮と情緒を読み取るロボット

2-4-5. 軟組織縫合完全自動化ロボット

2-4-6. BMIを使った障害者の把持・操作支援ロボット

2-4-7. テレイグジスタンスをつかった知的ナーシングアシスト

2-4-8. 人間のように柔軟な指を持つ手術支援ロボット

2-4-9. ナース業務アシストロボット

2-4-10. 医師のオペの観察を通じたロボットの学習

2-4-11. スマートサージェリー

2-4-12. 脳神経外科手術支援システム

2-5. 軍事

2-5-1. 無人ヘリコプターの自律航行システム

2-5-2. ソーシャルメディアにおける噂の発信源特定システム

2-5-3. 山岳地帯を自在に進める人型ロボット

2-5-4. 海中探査用シンクロ型ヒューマノイド

2-5-5. 困難にあっても任務を遂行する人型ロボット

2-5-6. 接近阻止・領域拒否環境における協働オペレーション

2-5-7. 鷹の機動性と自律探知能力で敵軍を探知する無人機

2-5-8. 航空機を基地とする多目的ドローン

2-5-9. 無人潜水艦

2-5-10. 地上X-ビークル

2-5-11. 人とロボットのチームワークが徐々に向上する災害支援システム

2-5-12. 未知の荒野を安全に走行できるナビゲーションシステム

3 EYが予測するロボットの未来像

欧米が注力するロボットの4領域「自動運転」「製造・物流」「医療」「軍事」における最新の研究事例に基づき予測したロボット未来像を紹介する。ロボットの未来像を紹介する各項では、ロボットの未来像ごとに「概要」「当該ロボットが解決する課題」、そして当該ロボットが解決する課題ごとに「10年後の状況」「活用シーン」「補足説明」を記載。「概要」では、それぞれのロボットの優れた機能を説明する特徴的な事項をまとめている。「当該ロボットが解決する課題」は、それぞれのロボットの着想となった最新研究事例が解決しようとしている課題を解説。当該ロボットが解決する課題ごとに記載する「10年後の状況」では、10年後に該当領域がどのような変化を遂げているかを記載。「活用シーン」では、それぞれのロボットが現場でどのように活用されているのかをストーリー調で記載。

3-1. 本章の構成
3-2. 自動運転

3-2-1. あらゆる手段で安全に目的地に到達する自動運転車

3-2-2. 歩行者の行動意図を推察できる自動運転車

3-2-3. オフロードで安全な走行ができる自動運転車

3-2-4. 必要最低限の装備で走行可能な自動運転車

3-2-5. 乗り心地を考えながら走行できる自動運転車

3-3. 製造・物流

3-3-1. 不慣れな場所でも目的地まで移動できるロボット

3-3-2. 馴染みのない道具でも器用に使いこなせるロボット

3-3-3. 習熟した作業を人に伝達できるロボット

3-3-4. 人々とチームワークを醸成しながら作業できるロボット

3-4. 医療

3-4-1. 医師のスキルを模倣できるロボット

3-4-2. 習得したスキルを研修医に伝達できるロボット

3-4-3. 医師・看護師を物理的にも精神的にもサポートするロボット

3-4-4. 患者や障害者の行動意図を推察できるロボット

3-5. 軍事

3-5-1. 瞬時に戦況を見極め、判断できるロボット

3-5-2. 困難な状況下でも任務を遂行できるロボット

3-5-3. 極限環境で器用に任務を遂行できるロボット

3-5-4. 危険な状態を予測し伝達できるロボット

3-5-5. チームワークを通じて任務が遂行できるロボット

4未来ロボティクスのキーファンクション

3章で紹介した18のロボット未来像を実現するために必要な11のファンクションを予測。これらは人工知能の進展を受け、10年後以降に実現が見込まれているファンクションであり、それぞれ「行動の計画」「行動の習熟」「言語の理解」「感性の理解」といった人工知能の機能レベルに紐づいている。これら11のファンクションを18のロボット未来像の活用シーンを用いて説明する。

4-1. 本章の構成

4-2. 不慣れな場所でも目的地に到着できる

4-3. 人や障害物に囲まれていても、ぶつからず移動できる

4-4. 目的を達成するために複数の選択肢を吟味できる

4-5. 行動を通じて物理法則を直観的に理解する

4-6. 暗黙のルールを理解し、阿吽の呼吸で行動ができる

4-7. 馴染みのない道具の機能を理解でき、操作できる

4-8. 文脈を理解して曖昧な要求に答えられる

4-9. 人の快・不快を理解できる

4-10. 人のユーモアや感情表現を理解できる

4-11. 人に分かりやすく説明できる

4-12. 人の行動心理を理解できる

5創出される新規ビジネス

11のキーファンクションが10年後に創出すると考えられる全21ビジネスを紹介。ビジネスは、「従来作業の効率化による収益化」「新しい社会制度構築からの収益化」「個の理解からの収益化」「個の拡張による収益化」「個の共感からの収益化」といった五つの付加価値源泉で分類。ビジネスの紹介を行う各項では、最初に、「ビジネスの概要」を記載。キーファンクションによって生まれる新規ビジネスが、人々の生活や仕事をどのように変えるかを直観的に理解していただくために、具体的な利用シーンを含めて紹介。「想定顧客」「提供価値」「背景要因」「提供価値を充足するためのファンクション」「関連サプライヤ―事例」を紹介。

5-1. 本章の構成
5-2. 従来作業の効率化による収益化

5-2-1. 意味理解型人間機械コラボレーションシステム

5-2-2. バイオミメティックインフラ点検ボット

5-2-3. 問題解決型インフラ点検ボット

5-2-4. 国境なき医療診断ボット

5-2-5. 体内検査ボット

5-3. 新しい社会制度構築からの収益化

5-3-1. 移民向けライフラインサポートボット

5-3-2. テロプレディクトシステム

5-3-3. ポリスボット

5-3-4. 社会脳に基づく群衆の行動心理予測

5-4. 個の理解からの収益化

5-4-1. 消費者の質感知理解サービス

5-4-2. 消費者の無意識購買行動理解サービス

5-4-3. 広告をみたユーザーの感情理解サービス

5-4-4. 個人理解に基づくジョブアサイメントサービス

5-4-5. カルチュラルコンピューティングによるカウンセリングサービス

5-5. 個の拡張による収益化

5-5-1. アダプティブラーニングボット

5-5-2. 阿吽の呼吸型ボット

5-5-3. 投資アドバイザーボット

5-5-4. セールスフォースエンパワーメントサービス

5-5-5. ビジネススキルオーグメントサービス

5-6. 個の共感からの収益化

5-6-1. アンビエントオリエンティッドホーム

5-6-2. 共感型バーチャルナーシングサービス

6既存産業への影響

21の「新規ビジネス」が11の既存産業に与える影響について予測する。11の既存産業ごとに「新規ビジネス」の創出によって新たに生まれる機会や脅威を解説し、その機会や脅威がなぜ生まれるのかといった背景を説明する。既存産業が現在抱えている課題や、新規ビジネスの創出によって生じると想定される競争要因の転換など既存産業の事業者を取り巻く環境の変化を記載する。

6-1. 本章の構成
6-2. 自動車・輸送機器産業への影響

6-2-1. 「広告をみたユーザーの感情理解サービス」による影響

6-2-2. 「ビジネススキルオーグメントサービス」による影響

6-3. 電子・電気・機械産業への影響

6-3-1. 「バイオミメティックインフラ点検サービス」による影響

6-3-2. 「問題解決型インフラ点検ボット」による影響

6-4. IT・メディア・コンテンツ産業への影響

6-4-1. 「阿吽の呼吸型ボット」による影響

6-4-2. 「セールスフォースエンパワーメントサービス」による影響

6-5. 医療・美容・健康への影響

6-5-1. 「共感型バーチャルナーシングサービス」による影響

6-5-2. 「国境なき医療診断ボット」による影響

6-6. 素形材・化学産業への影響

6-6-1. 「体内検査ボット」による影響

6-7. 衣料・インテリア・雑貨産業への影響

6-7-1. 「社会脳に基づく群衆の行動心理予測」による影響

6-7-2. 「消費者の無意識購買行動理解サービス」による影響

6-8. 農業・食品産業への影響

6-8-1. 「消費者の質感知理解サービス」による影響

6-9. インフラ・建築・エネルギーへの影響

6-9-1. 「意味理解型人間機械コラボレーションシステム」による影響

6-9-2. 「テロプレディクトシステム」による影響

6-10. 流通・サービス産業への影響

6-10-1. 「個人理解に基づくジョブアサイメントサービス」による影響

6-10-2. 「アダプティブラーニングボット」による影響

6-10-3. 「ポリスボット」による影響

6-11. 金融・保険・不動産産業への影響

6-11-1. 「投資アドバイザーボット」による影響

6-11-2. 「アンビエントオリエンティッドホーム」による影響

6-12. 政府・NPO・NGOへの影響

6-12-1. 「移民向けライフラインサポートボット」による影響

6-12-2. 「カルチュラルコンピューティングによるカウンセリングサービス」による影響

ロボットの未来 2017-2026

日経ビジネス

「未来ロボティクス」が内在する
ビジネスチャンス

  • 監修・著者(代表):園田展人
    EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 ディレクター
  • 2017年3月25日発行
  • レポート(A4判、約350ページ)
  • CD-ROM(本体に掲載された図表データを収録)
  • 本体価格 300,000円+税

実物の試し読みができます。

購入する

お問い合わせ

お電話でのお問合せ

03-6811-8096

03-6811-8096

SPECIAL FAVOR 購入特典

ロボットの未来

ご購入いただいた皆様には、『日経ビジネスDigital』6ヵ月購読をプレゼントします。

※『日経ビジネスDigital』のご利用に関しましては、
本商品をお申し込みいただいたメールアドレス宛てに、ご案内いたします。
ご利用を希望されるメールアドレスをご記入ください。

日経ビジネス