メガトレンド・シリーズ 2017-2026

メガトレンド 2016-2025 全産業編

2016年3月12日発行

A4判、830ページ、特装本

CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)

本体価格 450,000円+税

発行:日経BP社

購入する

メガトレンド 2016-2025 自動車・エネルギー編

2016年12月17日発行

A4判、約600ページ

CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)

本体価格 300,000円+税

発行:日経BP社

購入する

メガトレンド 2016-2025 ICT融合新産業編

2016年12月20日発行

A4判、約470ページ

CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)

本体価格 300,000円+税

発行:日経BP社

購入する

お得なセット購入もあります
10万円お得です!

メガトレンド 2016-2025 全産業編

本体価格 650,000円+税

発行:日経BP社

購入する

メガトレンド 2016-2025 自動車・エネルギー編

本体価格 650,000円+税

発行:日経BP社

購入する

メガトレンド2016-2025 全産業編

革新的な未来予測のアプローチFLOW

  • 未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

    未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

    矢印

  • 未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

    未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

    矢印

  • 未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

    未来に関連するあらゆる情報を分析・俯瞰

CHECK! 中身を見る

メガトレンド全産業編2016-2025 未来予測の決定版
  • 世界のGDPとサミット構成国の推移

    世界のGDPとサミット構成国の推移

    世界のGDPとサミット構成国の推移

    2025年には世界の富の半分を新興国が生み出す。成長ラッシュにより、製造業中間工程は新興国EMS企業に奪われ、日本が得意とする自動車やIT機器分野も追い抜かれる。
  • 移動体系技術の未来年表

    移動体系技術の未来年表

    移動体系技術の未来年表

    <2026〜2035年期> 自律型の警官や介護といったような、サービスロボット類が日常生活シーンに入り込んでくる。ドローンや自動運転車自律も普及期に入るため日常生活で頻繁に目にするようになる。
  • 技術のライフサイクルイメージ

    技術のライフサイクルイメージ

    技術のライフサイクルイメージ

    技術にも萌芽期から成長期を経て成熟期に至るライフサイクルがある。次世代の技術の主役は、iPS細胞や脳インタフェース技術などの新しい要素技術が矢継ぎ早に発表されるバイオや脳サイエンスの分野だ。
  • 1人当たりGDPと女性の労働力率/得点比率の関係

    1人当たりGDPと女性の労働力率/得点比率の関係

    1人当たりGDPと女性の労働力率/得点比率の関係

    国が豊かになると女性の学業成績が向上し、女性の方が男性の成績を上回っていることが分かる。女性の労働力率を見てみると、先進国内での日本の値の低さは際立っている。社会の富を生み出す機能として女性を十分活用できていないことが明らかである。
  • 技術階層と組み合わせで表現した人工物マップ

    技術階層と組み合わせで表現した人工物マップ

    技術階層と組み合わせで表現した人工物マップ

    デジタル全盛時代でも、産業の幅広い分野でアナログ的に作るしかない部品や機器は今後も残る。そこには日本の技術力を生かせる隙間(ニッチ)市場がある。こうした製品をなるべく多く開拓していくことも日本にとって重要だ。
  • 日本のサービス収支内訳の推移

    日本のサービス収支内訳の推移

    日本のサービス収支内訳の推移

    サービス収支で最も大きな割合を占める産業は、旅行や輸送などのビジター産業である。  世界規模で見ると、観光産業は総額で2兆ドルに達する巨大産業であり、観光のみならず、MICEビジネスや、医療ツーリズムなどインバウンド収入は今後大きく育つ余地を残している。
  • 各国の世代間不均衡率の比較

    各国の世代間不均衡率の比較

    各国の世代間不均衡率の比較

    日本の世代間不均衡率は世界の最高レベルである。将来の世代は現世代に比較して2倍近い生涯純負担を負うことを意味している。若者たちは、世界でも最も深刻に突出したレベルで前世代からの負債処理という不条理に苛まれることになる。
  • 富裕度と消費エネルギーの関係

    富裕度と消費エネルギーの関係

    富裕度と消費エネルギーの関係

    富裕化するほどに1人あたりの浪費が増えるという問題と、新興国の人口が今世紀いっぱいは増え続けること、この2つが掛け算となって、 あらゆるものの消費が爆発的に増加し、資源はほぼ確実に枯渇へと向かう。
  • 製造業ベースでサービス化していく道のり

    製造業ベースでサービス化していく道のり

    製造業ベースでサービス化していく道のり

    技術のライフサイクル視点から産業構造の変化をとらえれば、21世紀において「産業の成熟」と「サービス産業化」はほぼ同義ととらえてもよいだろう。製造業からサービス業へとビジネスモデルをシフトさせていく過程には、いくつかのパターンがある。
  • 人工物と天然物の世界の電装化

    人工物と天然物の世界の電装化

    人工物と天然物の世界の電装化

    デジタル電装化という立場から見て、これまでほとんど手付かずだった暗黒大陸が「人体」だ。人間の心と体である。この生体領域にも遂にデジタル技術との接点が生まれ始めている。
  • 自動運転車の未来

    自動運転車の未来

    自動運転車の未来

    自動運転車の運用の効率化を突き進めた先には、個人がどこかへ行きたいと思った瞬間に 自動運転車が配車されるような世界が待っている。人の行動の履歴から次の行為を予測し、行きたいところへ連れて行ってくれる、いわば「どこでもドア」である。
  • デジタルマニュファクチャリングの未来

    デジタルマニュファクチャリングの未来

    デジタルマニュファクチャリングの未来

    個人を中心としたものづくりの発展は、企業の役割も変えていく。大企業は、優れた個人の能力をいかに自社のバリューチェーンに取り込むかに知恵を絞ることになる。自由にカスタマイズ可能な製品のプラットフォームの提供、流通や顧客対応の支援などが考えられる。
  • 国内ロボット市場の規模と伸び率の予測

    国内ロボット市場の規模と伸び率の予測

    国内ロボット市場の規模と伸び率の予測

    2030年時点で予測される市場規模の大きさと今後20年間で予測される市場の成長率のバランスを鑑みて、ロボット市場では①組み込みRT 自動車 ②介護・福祉(施設用) ③介護・福祉(個人用)の3つの分野が特に注目すべき市場になる。
  • 人体強化(生物系技術)の未来

    人体強化(生物系技術)の未来

    人体強化(生物系技術)の未来

    人間の機能を強化し能力を高める技術は、限りなく発達する。病人や高齢者、身体障碍者といった弱者を助ける医療技術はもちろん、健康で長生きしたい人々の願望を満たす数々の手段が実用化する。これまで考えられなかった水準に引き上げた「超人」も誕生するだろう。

※クリックすると画像が拡大されます

「図表データ」は付属CD-ROMに収録してありますので、事業計画書作成時にご活用いただけます。

無料ダウンロードはこちらへ

「メガトレンド」シリーズ 特別編集版 無料ダウンロード

  • 自動車・エネルギー編「特別編集版」
  • ICT融合新産業編「特別編集版」
  • 全産業編「特別編集版」

お申し込みはこちらからどうぞ

1. 以下のフォームに必要事項をご入力のうえ、送信ボタンをクリックしてください。

2. 入力内容の確認画面が表示されますので、ご確認のうえ送信ボタンをクリックしてください

3. 表示される完了画面から資料をダウンロードしていただけます。ダウンロードはお一人様1回限りとさせていただきます。

「メガトレンド2016-2025 全産業編」の目次

序章

メガトレンドの読み方:本文構成について

人口予測と経済予測

2016~2045年の「未来年表」

 • テクノロジーの変化①:移動体系技術

 • テクノロジーの変化②:電子・情報系技術

 • テクノロジーの変化③:医療・バイオ系技術

 • 資源や環境問題の変化

 • マクロな政治~経済課題の変化

 • 未来年表まとめ:10年ごとの変化概観

 • 二つの矛盾とシナリオ・オプション

全体の思想について

① 課題から落とす

② 三つの科学で考える

③ ライフサイクル(主役交代と成熟の視点)で考える

第1章 先進国の本格的老衰:
成熟がもたらす新市場

総論

 ベビーブーマーの老衰

 埋蔵金1500兆円の使い方

 宿命の少子化

 遠因はメカトロニクスの成熟化

 自治体やインフラも老朽化

 個人から大企業まで含めた対応の方向性

1. シニア労働力活用

2. シニア支援

3. 女性の社会進出

4. 家族の希薄化

5. 高齢者の消費

6. 幼児教育市場の変化

7. ペット関連市場の拡大

8. 老朽インフラ対策

9. 世代間格差対策

10. 移住ビジネス

11. 観光ビジネス

12. 教育ビジネス

13. オランダ型農業立国

14. 衛星・宇宙ビジネス

15. 軍事技術の強化と輸出解禁

16. アナログ技術への回帰

17. 癒やし機能への欲求

18. 女性化とユニセックス化

19.「 ジモティー」「ヤンキー」化する若者

第2章 新興国の成長ラッシュ:
日本企業躍進の起爆剤

総論

 新興国デビューの歴史

 重大要因がメカトロニクス技術の成熟化

 成長サイクルの圧縮化

 インフラ輸出の全体像

 国のライフサイクルと外貨を稼ぐ産業

 インフラのゴールとは

 サービス収支

 所得収支

 リバースイノベーション化

20. 都市インフラ輸出の拡大

21.1. 昭和日本商材の再活用

21.2. リバースイノベーション

第3章 成長ラッシュの穽:
速すぎる変化がもたらす負の現象

総論

 後発ほど加速する成長速度

 高速成長で生じるゆがみ

 成長優先で後回しになる課題とは

22. 空気や水の汚染防止・浄化技術

23. 「食の安全」問題

24. 多剤耐性菌対策

25. ユースバルジとBOPビジネス

第4章 市場の強大化:
国家機能にも及ぶその影響

総論

 すべてがオフショア化

 国家を超えるグローバル市場の影響力

 通貨安競争や税制優遇競争

 財政負担に苦しむ国家とNPO

 官民公の境界が融合

26. 世界的な特区競争

27. 開発~製造~消費のグローバル化

28. 官民の境界希薄化、民間委託

第5章「消費が美徳」だった時代の終焉:
サステナブルな価値観の台頭

総論

 力学の錯綜する環境問題

 現実的な解釈とは

 先進国の発展とベビーブーマーの消費文化

 環境問題の全体構造

29. エネルギー効率向上

30. 天災対策

31. シェールガスによる揺り戻し

32. 食料不足対策

33. 資源枯渇対策

第6章 ポスト工業化社会の実像:
「人の心を算出する」機能の商用化

総論

 サービス化は長い近代化プロセスの終着駅

 製造業からサービス産業化するときの8つのパターン

 目的の手段化

 脳科学との連携

34. 脱売り切り消耗品化

35. 保守運用ビジネス~BPO

36. 保険・金融業化

37. ファブライト開発へのシフト

38. マーケティング手法の劇的進化

第7章 リアルとバーチャルの相互連動:
脳から都市までスマート化が加速

総論

 ヒト・モノ・空間の電装化とスマート化

 リアル世界にタグを貼るという大脳の長年の夢

 スマートコミュニティも拡張現実

 脳直結コミュニケート

 ニアフィールドビジネス

 デジタルマニュファクチャリングは仮想現実ものづくり端末

38. AR(拡張現実)

40. 自動運転車

41. おもてなしサービス

41.「脳直」コミュニケーション

43. デジタルマニュファクチャリング

第8章 会社も働き方も変わる:
一所一生懸命からオンデマンド機能提供型へ

総論

 閉鎖系・秩序系に好適だった日本式経営

 ノマドワーカー

 社会貢献というモチベーション

 NPOがイノベーション創出起点になる

 オープン&シェア:所有より利用、競争より共創

 デジタルハイテク分野のオープン化

 生産財インフラは仮想化とシェアリング

 いじりやすい構造

 競争より共創、多様性を指向する世界

 パトロンの財の余力から民の知の余剰へ

44.1. 企業と従業員:労働者のモジュール化

44.2. 企業と従業員:組織のモジュール化

45. ビジネスプラットフォーム設計

46. シェア&フラット化する価値観

第9章 超人化する人類:
生態と進化の人工操作への挑戦

総論

 生命体の夢は永遠の命

 メカトロニクスと情報工学

 ライフサイエンスの登場

 脳インタフェース

 ライフサイエンスの別用途:動植物の品種改良

 ロボティクスの発達

 ライフサイエンス発達の影響

47.1 生物機能利用

46.2 遺伝子組み換え生物利用

48. 人体強化(生物系技術)

48. 人体強化(非生物系技術)

50. 脳力開発

第10章 50のメガトレンドがもたらす
各産業分野の変化

自動車・輸送機器

電子・電気・機械

IT・メディア・コンテンツ

医療・美容・健康

素形材・化学

衣料・インテリア・雑貨

農業・食品

インフラ・建築・エネルギー

流通・サービス

金融・保険・不動産

NPO・NGO

終章

50テーマレビュー

メガトレンドからメタトレンドへの翻訳

ソーシャルグラフ

ソーシャルグラフ(知平面)から見たメタトレンド

 •敵は分散内在する癌細胞型になる

 •既存技術ハイブリッド型からバイオ系技術群へと進む
  技術開発のアプローチ

 •ヒーローは育てるアイドル化、社会的な権威はアンクール化

 •幼児や妊婦に近づく人々の生活習慣

 •オープン成熟社会は贅沢な多様なマイノリティ目線のバリア
  フリーに

 •非言語と言語の中間的なサービスのマニュアル化

 •仮想化してオンデマンドに調達できる蛇口になる系が勝つ

 •オープンソースではリアルもリソースを開放して楽天式の市
  場運営になる

 •システムを構成する部品の価値と再編集の価値

 •ポスト工業社会とは顧客行動ログの争奪戦

 •オープン社会を支える基盤は信任貨幣と評価経済社会

 •魅力の再発見

 •二極化時代にはイミテーション技術が重要に

 •人の知恵の中心に座する好奇心という資本財

 •人間中心で歩む技術と幸せの追求の関係

まとめ:今起きている新産業革命

※50のメガトレンドそれぞれに[イシューツリー][市場規模関連情報][世界のユニークな情報][検索キーワードライフサイクル]を記載しています。
10年後までの変化を読み切り戦略策定の基礎となる社会と全産業分野の未来像を提示する
『メガトレンド2016−2025全産業編』は、未来に関連する膨大な文献や統計データを人・社会・技術のライフサイクルの視点で分析し、これから起きる劇的な変化を「50のメガトレンド」としてまとめ、それらが全産業分野に何をもたらすかを提示します。また、メガトレンドに関連する「課題」と「打ち手」をイシューツリー構造にまとめ、さらに、市場規模や世界の先駆的事例・アイデアに関する「調査分析結果」を掲載することで、事業・ビジネス化視点のコンテンツも網羅しています。
メガトレンド2016-2025 全産業編

メガトレンド2016-2025 全産業編

著者:川口盛之助

2016年3月12日発行

レポート( A4判、830ページ、特装本)

CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)

本体価格 450,000円+税

発行:日経BP社

川口 盛之助

著者

川口 盛之助

株式会社 盛之助代表取締役社長

1984年、慶應義塾大工学部卒、イリノイ大学修士課程修了(化学専攻)。 技術とイノベーションの育成に関するエキスパート。付加価値となる商品サービス機能の独自性の根源を、文化的背景と体系的に紐付けたユニークな方法論を展開する。その代表的著作「オタクで女の子な国のモノづくり」は、技術と経営を結ぶ良書に与えられる「日経BizTech図書賞」を受賞し、英語、韓国語、中国語、タイ語にも翻訳される。台湾、韓国では、政府産業育成のための参考書として選ばれ、詳細なベンチマーク報告書が作成される。心をつかむレクチャーの達人としても広く知られる。TEDxTokyoにおけるToilet Talkは40万回再生という異例の反響を得ており、Yahoo Japanの動画サイトでは世界の傑作プレゼンテーション・ベスト5に選ばれる。世界的な戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにおいて、アソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。国内のみならずアジア各国の政府機関からの招聘を受け、研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。
待望の第3弾 500社が購入 未来予測へのニーズ

「筆者1人。内容刷新2回。導入企業500社」

ほとんどの未来予測は、各分野の専門家が分担して執筆したものです。長期予測の場合、この方式だと全体像が不鮮明になる欠点があります。そこで『メガトレンド・シリーズ』は、筆者を川口氏1人とし、未来像描写の議論や膨大な文献や統計データの分析を繰り返し、これから起きる劇的な変化を「50のメガトレンド」としてまとめた総合予測レポートです。構想・執筆に3年をかけ2014年版を初めて発行。2015年版では、市場規模や世界の先駆的事例・アイデアに関する「調査分析結果」を追加、さらに最新の2016年版では「未来年表」を掲載し、事業・ビジネス化視点のコンテンツを網羅、新たなビジネスを模索する500社に導入いただいています。

SPECIAL FAVOR 購入特典

メガトレンド・シリーズ

ご購入いただいた皆様には、『日経ビジネスDigital』6ヵ月購読をプレゼントします。

※『日経ビジネスDigital』のご利用に関しましては、本商品をお申し込みいただいたメールアドレス宛てに、ご案内いたします。
ご利用を希望されるメールアドレスをご記入ください。

日経ビジネス

READERSHIP 読者層

産業別

部門別

活用目的 THE PURPOSE

THE MERIT 活用メリット

  1. 全業界を横断・俯瞰した視点の未来
    予測情報を網羅している。
  2. 社会と産業の未来像を明確に提示し、
    事業戦略立案に役立つ
  3. 世界の先駆的事例などビジネス化
    視点の先端情報を収録している。
  4. 事業開発プロジェクトメンバー
    未来像を共有するツールとなる。
  5. 新規事業を考える上で将来有望な
    事業領域を知ることができる。
  6. 市場規模を推定する場合に役立つ
    データがある。
  7. 付属CD-ROMの図表を事業企画書
    作成時に活用できる。
  8. コンサル会社のカスタム調査に比べ
    コストが極めてリーズナブル

メガトレンド・シリーズ累計500社が導入・活用!

全産業編 ICT融合新産業編 自動車・エネルギー編
  • 全産業編
  • ICT融合新産業編
  • 自動車・エネルギー編

HOMEへ戻る

PAGE TOP