日経BP社

お問合せ

お申込み

パンフレットDownload

事業モデル革新塾 お申込み

お申込み受付は終了しました。

【お申し込み注意事項】

※先着順にてお申込みを受け付けます。定員となり次第、締切とさせていただきます。
※後日、受講証とご請求書を送付させていただきます。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。
※2名同時申込みの場合も、お送りする受講証は1枚となります。お申込者以外の方は、受付でお申込者のお名前をお伝えください。
※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師、プログラム等が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。
脱売り切り、低収益 顧客価値、サービスで稼ぐ 脱売り切り、低収益 顧客価値、サービスで稼ぐ
講義×演習 講義×演習
事業モデル革新塾 事業モデル革新塾

「事業モデル革新塾」の特徴

  1. 01 5日500枚以上スライド! 既存事業モデル革新のコツをわかりやすく学べます
  2. 02 TOPICSを網羅! 最新理論やキーワードを網羅します。
  3. 03 体験ができる!演習による「体験型」で、ノウハウが身に付きます。
  4. 04 グループワークができる! 異業種の方々との他流試合で新しい考え方を吸収できます
  5. 05 深く交流できる! 30名限定なので講師と深い議論・コミュニケーションが可能です

WHAT IS 「事業モデル革新塾」?

講義×演習 これからの「儲けの仕組み」を理解し実行するためのノウハウを身につける

STEP

環境変化の認識、顧客価値の再定義、バリューチューンの再構築、マネタイズモデルの見直し、事業モデルの革新

VIDEO

「事業モデル革新塾」は既存事業モデルの見直しの実践手法を5日間で習得する場です。

私がボストン・コンサルティング・グループで培った戦略コンサルティングのエッセンスと最新のビジネス環境変化の潮流を踏まえ、事業モデル革新の実践的なプログラムをご提供します。特に、各業界で注目を浴びる「売り切りモデルからサービス・モデルへの転換」をわかりやすく解説します。

重要テーマについてはその都度演習を実施します。演習に取り組むことで、その効果を体感し、実際に推進する際の疑問点を解消できます。

SCHEDULE

  • 第1回 「事業モデル革新の新たな可能性と検討プロセス」 既存事業を新しい視点で見直すための基本プロセスとポイント
  • 第2回 「新たな変革を生み出す発想のアプローチ」 マクロ変化を踏まえた新しい発想とコンセプト創造の手法
  • 第3回 「顧客価値の再定義とサービス・モデル化」 ブレイクスルーのポイントとサービス・モデル化の視点
  • 第4回 「利益モデルの転換と参入障壁」 収益性を高める利益モデル転換と具体的設計方法
  • 第5回 「組織の変革」 組織変革のためのプロセス、手法、取り組み姿勢

会社の5年後見えますか?未来の売上が向上↑するには!?

お問合せはこちら

お申込みはこちら

無料パンフレットDownload

必修ビジネスパーソン

業種
部門

参加メリット

  1. MERIT01 知っておくべき事業モデル見直しの「基本枠組みとアプローチ」
    数多くの経営理論やアプローチの中から「実務に有効なエッセンス」を抽出します。ボストン・コンサルティング・グループでの豊富な経験に加え、現在も年間100件以上の既存事業革新に関するアドバイスを行っている講師が整理した「実践的アプローチとそのコツ」をわかりやすく解説します。
  2. MERIT02 実務で使える事業革新と「新しいビジネスモデル構築」
    ビジネスモデルの一番シンプルな定義は「儲けの仕組み」です。既存事業に関しても、他の業界の成功事例を分析し、顧客、市場、技術、マネタイズなどの「組み合わせを見直す」ことで、革新的なビジネスモデルに転換できます。本塾では、新たなビジネスモデル構築のノウハウとポイントを解説します。
  3. MERIT03 実際にできるようになるための「事例紹介と演習」
    成熟市場でも事業革新を実現している事例は多数あります。本塾では、他社事業の「コンセプト」「顧客への提供価値」「バリューチェーン」「マネタイズ」「キャッシュフロー」を整理・棚卸して解説すると共に、「企業の事業革新を仮想体験」し、実施上の疑問点を解消できるかたちの演習を行います。
  4. MERIT04 事業革新を実際に起こすための「組織変革」
    既存事業の見直しにおいては、強固に作り上げられてしまった既存の考え方と仕組みをどう変えていくのか、という難しさがあります。本塾では、組織変革のための「プロセス、手法、取り組み姿勢」など実践解説します。また、ショートピッチ発表の演習を通じて、組織変革を実現させるステップを体感していただきます。
  5. MERIT05 売り切りモデルから「サービス・モデルへの転換」
    環境変化や技術変化を捉えて事業の意義とビジネスモデルを見直すことで、新しい可能性を切り拓くサービス・モデル化の成功事例が登場しています。本塾では、「サービス・モデルの基礎、サービス・モデルのパターン、検討のポイント、実行上のハードルとコツ」などをわかりやすく解説します。

CHECK! セミナー資料を見る

  • サービス・ドミナント・モデル 基本パターンとその事例

    サービス・ドミナント・モデル 基本パターンとその事例

    ■顧客リレーションと収益性を向上させる「サービス・ドミナント・モデル」。その実現事例と構築のポイントを解説する。
  • ポイント 事業モデル構築の5ステップ

    ポイント 事業モデル構築の5ステップ

    ■事業モデル構築の基本プロセスである「コンセプト」「顧客への提供価値」「バリューチェーン」「マネタイズ」「キャッシュフロー」を整理・棚卸しする。
  • 成熟市場でも、事業革新はできる

    成熟市場でも、事業革新はできる

    ■成熟市場でも事業革新を実現している事例は多数ある。環境変化を認識し、ビジネスモデルの再構築にチャレンジすべきである。
  • 戦略キャンバス (ブルーオーシャン戦略)

    戦略キャンバス (ブルーオーシャン戦略)

    ■事業モデルを見直すポイントの一つは「顧客価値の再定義」だ。それを戦略キャンパスなどを活用することで体系的に検討していく。
  • 『クロスSWOT』の実施例

    『クロスSWOT』の実施例

    ■クロスSWOT演習:単なるSWOTの洗い出しに終わらせず、それを組み合わせることで環境変化と自社の可能性を洗い出す。
  • 『カスタマージャーニー』

    『カスタマージャーニー』

    ■カスタマージャーニー演習:顧客の行動を観察し、理解することで顧客自身も気づいていない課題を見つけ出す。
  • バリュープライシング

    バリュープライシング

    ■バリュープライシング演習:儲からない会社は価格をコストから考える。では、儲かる会社の価格戦略とは?
  • 事業モデル革新で多様な分析結果・手法を結実

    事業モデル革新で多様な分析結果・手法を結実

    ■世の中で紹介されている分析・経営手法は、事業モデルの骨格に肉付けしていくことで初めて活きてくる。
  • 事業モデル進化の流れ

    事業モデル進化の流れ

    ■新しい事業モデルにはその元となる事業が存在することも多い。既存事業や顧客ベースにも将来事業のタネが埋もれているはず。
  • 「ビジネスモデル=儲けの仕組み」を分解する

    「ビジネスモデル=儲けの仕組み」を分解する

    ■事業モデルの革新は売上・収益を増大させるため。「利益の公式」をしっかり意識して構築していく必要がある。
  • 3つの利益モデル (基礎編)

    3つの利益モデル (基礎編)

    ■利益を上げる仕組みにもいくつかのモデルがある。ツールの普及とともに事例が増大している顧客ベース型に取り組みたい。
  • 事業モデル転換・実行上の主なハードル

    事業モデル転換・実行上の主なハードル

    ■事業モデルの転換には具体的なハードルがつきもの。それを乗り越えることができないと絵に描いた餅に終わってしまう。
  • 「新しい価値の創造」を阻む心理的な壁を乗り越える

    「新しい価値の創造」を阻む心理的な壁を乗り越える

    ■チャレンジには心理的な壁も存在する。どのように乗り越えていくかを考える。

※クリックすると画像が拡大されます

参加特典

2名参加の場合 受講料 10%OFF 【受講料】 1名様参加:¥300,000(税込み) 2名様参加:¥540,000(税込み) ※2名参加割引価格は、同時申込の場合に限らせていただきます。 秦充洋氏の著書『プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方』増刷・ロングセラー 2名参加の場合 受講料 10%OFF 【受講料】 1名様参加:¥300,000(税込み) 2名様参加:¥540,000(税込み) ※2名参加割引価格は、同時申込の場合に限らせていただきます。 秦充洋氏の著書『プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方』増刷・ロングセラー

会社の5年後見えますか?未来の売上が向上↑するには!?

お問合せはこちら

お申込みはこちら

無料パンフレットDownload

講師:秦 充洋(はた みつひろ)氏

ボストン・コンサルティング・グループで企業の事業革新を手がける
年間100件以上の既存事業見直しや新規事業企画のコンサルティングを行う
ネットベンチャー社長時代、1年で売上高を8千万円から15億円に
一橋大学商学大学院MBAコース「ビジネスプランニング」講師
秦 充洋 氏

プロフィール

株式会社ミレニアムパートナーズ代表取締役
一橋大学大学院商学研究科MBAコース「ビジネスプランニング」講師
NPO法人「ヘルスケアリーダーシップ研究会」理事

1992年一橋大学商学部卒業。ボストンコンサルティンググループ東京事務所に入社。国内外の様々な分野の大企業を対象に本業見直し、新事業戦略策定などの戦略プロジェクトに携わる。95年には同社ソウルオフィスに現地駐在。1996年、医療従事者に医療情報を提供する株式会社ケアネットを共同で創業、取締役副社長として事業計画の立案、実行、資金調達、管理、放送事業を担当(同社は07年東証マザーズに上場)。99年VCの誘いによりネットベンチャー社長に転じ、1年で売上高を80百万円から1,500百万円に拡大。戦略立案、実行、資金調達、有力B2B企業買収を実施。02年BCGに復帰。プロジェクトマネジャーとしてM&A、事業再生、新規 事業立ち上げ、組織人事政策策定などを指導。06年ミレニアムパートナーズ設立し、大企業を中心に新規事業開発のワークショップ、次世代リーダー育成、スタートアップ向けファンド運営などを行う。同時に一橋大学大学院商学研究科MBAコースにて新規事業関連科目を担当、起業家育成などに携わる。著書は『プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方』(ナツメ社)。

メッセージ

事業の成長や収益向上に関するセミナーや書籍はたくさんありますが、特定の理論や成功した事例、トピックの紹介に留まるものが多く、実務に応用するのが難しいという声をよく聞きます。これは、次々と紹介される新しいキーワードや考え方に幻惑されてしまって、本当に大事な筋道や本質的な考え方を押さえ切れないこと、使い分けやプロセスが明確になっていないことが原因です。本セミナーでは、最新の考え方や環境変化を踏まえ、本質的な幹となる内容を体系的に学んだ上で、演習・グループワークを通じてその有効性を確認していだきます。また、参加者の抱える個別の質問にも随時具体的にお答えします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。
秦 充洋 氏

開催概要

300枚以上のスライドを活用しながら「実践講義」

5日間で300枚以上のスライド
講義では5日間で300枚以上のスライドを活用しながら、既存事業の見直し、新たなビジネスモデルの構築、サービス・モデル化の事例、利益モデルの転換などの実践手法を順序立てて、わかりやすく解説します。講義を進める中で出てきた個別質問にはその場で具体的にお答えします。

実践ノウハウが身に付く「演習・グループワーク

演習・グループワーク
参加者の方々がノウハウを持って帰り、現場で使いこなすには“知識”だけでは不十分です。そこでこの塾では、重要テーマについてはその都度演習を実施。演習に取り組むことで、実際にその効果を体感し、実施上の疑問点を解消できます。また演習はグループで行いますので、他社との交流も図れます。
名 称 事業モデル革新塾
講 師 秦 充洋(はた みつひろ)氏
会 場 秋葉原UDXギャラリーネクスト
東京都 千代田区 外神田 4-14-1
JR秋葉原駅 電気街口より 徒歩2分
※第1回目会場のみ、秋葉原UDXカンファレンスになります。
主 催 日経BP社 日経BP未来研究所
定 員 30名限定(先着順・満席となり次第締切りになります)
※最少開催人員:10名
運 営 日経BP社 コンテンツマーケティング局
日 時
第1回 9月13日(火)10:00~17:30(開場:9:30)
第2回 9月21日(水)13:30~17:30(開場:13:00)
第3回 9月27日(火)13:30~17:30(開場:13:00)
第4回 10月4日(火)13:30~17:30(開場:13:00)
第5回 10月11日(火)13:30~18:30(開場:13:00)

これまでの秦氏のセミナー→84%の満足度!

「新規事業創造塾」(日経BP社)屈指の高評価で累計25回開催

講義全体についての満足度84%

※出所:「新規事業創造塾」参加者アンケート

受講者より喜んだメッセージ

  • 受講者

    4月より経営企画部に配属となり、新規事業に取り組む事になった為、参加したが、非常に有意義な時間となった。
  • 受講者

    古い体質の業界で、今後市場が伸びない事が明白にもかかわらず、新たな収益を確立する事を求められており、事例を基にした解説は今後のヒントとなった。
  • 受講者

    現在まさに新規事業をすすめる立場にあり、特にマネタイズに課題を感じていたため、その課題解決に大いに役立った。
  • 受講者

    新規事業を「ゼロ」から模索する手法について体系的に学べ、様々な着眼点を教わり大変勉強となった。

会社の5年後見えますか?未来の売上が向上↑するには!?

お問合せはこちら

お申込みはこちら

無料パンフレットDownload

プログラム詳細

第1回

9月13日(火)10:00~17:30

「事業モデル革新の新たな可能性と検討プロセス」

既存事業を新しい視点で検討するにはどうすればよいか?
~事業モデル見直しの基本プロセスとそのポイント~

講義・演習

(午前) 既存事業が陥る罠と新しい可能性

  1. 1) 変革を迫る環境変化の視点
    • ・コモディティ化の罠
    • ・イノベーションのジレンマ
    • ・Web、モバイルから、人工知能、IoT、自動運転へ
  2. 2) 事業変革の切り口を見つける
    • ・新しい顧客の登場、新しいインフラの普及
    • ・売り切りからサービスモデルへ
    • ・業界の垣根の消滅
  3. 3) 事業発想ワークショップ
    • ・クロスSWOT
    • ・自社の事業×新しい変化
    • ・クロストライアル

(午後) 成長と収益を実現する事業モデルの見直しプロセス

  1. 1) 事業モデル構築のアプローチ
    • ・事業変革の基本ステップ
    • ・組織変革のフレームワーク
    • ・勝ち続ける仕組みづくり
  2. 2) 既存事業の現状把握
    • ・業績推移と課題認識、保有資源の洗い出し
    • ・競合比較(業績推移、ビジネスモデル)
    • ・顧客・市場の状況(セグメント、ターゲット、顕在ニーズ)
  3. 3) 業界構造・事業特性の分析
    • ・エコシステムマップ
    • ・5フォース分析
    • ・ビジネスモデル・キャンバス

次回課題

学んだことを元に自社の既存事業の現状をまとめてくること

第2回

9月21日(水)13:30~17:30

「新たな変革を生み出す発想のアプローチ」

既存事業の足枷を乗り越えて新しい発想を生み出すには?
~マクロ変化を踏まえた新しい発想とコンセプト創造の手法~

講義・演習

  1. 1) マクロの変化がもたらす新しい可能性(マクロ発想)
    • ・環境変化の把握、新しい顧客の登場
    • ・アライアンスの可能性、インフラの登場
    • ・ベンチマーク、ベスト・プラクティス
  2. 2) 顧客の深い理解と再発見(ミクロ発想)
    • ・ロジカルシンキングに学ぶ課題発見のコツ
    • ・エスノグラフィー/カスタマージャーニー
    • ・顧客価値の再定義
      (サービス化、プラットフォーム化、絞込み、拡散)
  1. 3) 事業変革を考える枠組み
    • ・事業ポートフォリオの組み換え
    • ・戦略パレット(伝統型、適応型、先見型、形成型、再生型)
    • ・成長マトリクス、アドバンテージマトリクス

次回課題

クロスSWOTを実施、自社の既存事業革新の基本方針を考える

第3回

9月27日(火)13:30~17:30

「顧客価値の再定義とサービス・モデル化」

従来の枠を乗り越えるサービス・モデル化とは何か、そのポイントは?
~ブレイクスルーのポイントとサービス・モデル化の視点~

講義・演習

  1. 1) ブレイクスルーのパターンと事例
    • ・顧客価値の再定義
    • ・利益モデルの転換
    • ・ケイパビリティとアライアンス
  2. 2) 顧客価値の再定義
    • ・顧客セグメントの絞込みとステップ展開
    • ・戦略キャンバス(ブルーオーシャン戦略)
    • ・プラットフォームへのヨコ展開
  1. 3) サービス・モデルへの展開(事例と実際)
    • ・サービス・モデルへのタテ展開
    • ・サービス・モデルのパターン検討のポイント
    • ・実行上のハードルとコツ

次回課題

既存事業における新しい顧客価値を考える

第4回

10月4日(火)13:30~17:30

「利益モデルの転換と参入障壁」

ブレイクスルー実現と高収益化のために押さえるべき考え方とは?
~収益性を高める利益モデル転換と具体的設計方法~

講義・演習

  1. 1) 利益モデルの転換
    • ・利益モデルの考え方
    • ・顧客ベース型の可能性とスケール化
    • ・変動収入から固定収入へ
  2. 2) バリューチェーンとアライアンス
    • ・KSFを見極める
    • ・ケイパビリティを活かす
    • ・全体設計図と展開ロードマップ
  1. 3) 参入障壁・構築の考え方
    • ・顧客検証・技術検証
    • ・参入障壁のパターン展開
    • ・戦略ストーリー

次回課題

戦略ストーリーを意識して利益モデルとバリューチェーンを考える
ここまでの学びをもとにショートピッチのメモを用意する

第5回

10月11日(火)13:30~18:30

「組織の巻き込みと変革の技法」

頑と根を張る既存事業の仕組みを革新するにはどうすればよいか?
~組織を変革するのためのプロセス、手法、取り組み姿勢~

講義・演習

  1. 1) ショートピッチ発表
    • ・戦略とメッセージ
    • ・関係者・顧客巻き込みのストーリー
    • ・意義、根拠、あるべき姿
  2. 2) 組織変革の7つのS
    • ・コンピテンシートラップ、イノベーションのジレンマ
    • ・組織体制、制度見直し
    • ・要員体制、ケイパビリティ
  1. 3) 不確実性のマネジメント
    • ・変革のリーダーシップ
    • ・ハードルを乗り越える
    • ・実績で押し通す

お申し込み注意事項

※先着順にてお申込みを受け付けます。定員となり次第、締切とさせていただきます。

※後日、受講証とご請求書を送付させていただきます。ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。

※2名同時申込みの場合も、お送りする受講証は1枚となります。お申込者以外の方は、受付でお申込者のお名前をお伝えください。

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

※参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。また、やむを得ず講師、プログラム等が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

会社の5年後見えますか?未来の売上が向上↑するには!?

お問合せはこちら

お申込みはこちら

無料パンフレットDownload

PAGE TOP