2020年、登場する新分野は?既存産業への影響は? 「学習」という武器を手にAIが社会を大きく変える

「人工知能(AI:artificial intelligence)」とは人工的に作り出した知能であり、実体は高い処理能力を備えたコンピュータです。知性を得たコンピュータによって、これから数々の新市場が誕生するはずです。いわば、「AIによる新市場のビッグバン(大爆発)」です。一方でAIは人間の仕事を奪い、既存ビジネスを壊す側面を持ちます。無関係な産業はありません。 自動車、IT、メディア・コンテンツ、医療・健康、農業・食品、インフラ、流通・サービス、金融・保険...あらゆる既存 産業がAIに翻弄されることでしょう。AIによってどんな新市場が生まれ、既存産業がどう影響を受け、どんな未来がやってくるのか?企業はそのシナリオをどう中長期の計画に盛り込むべきか?『人工知能の未来 2016-2020』は、技術進化の方向性と社会のニーズ・トレンドを基点に、AI がもたらす未来を見通す総合予測レポートです。


※クリックで拡大頂けます

人工知能がつくる新市場は?

既存産業への影響は?


『人工知能の未来 2016-2020』目次

1章 人工知能の俯瞰
1-1. 人工知能の歴史
 ■人工知能研究の歴史の概観
 ■探索・プランニングに関する動向
 ■対話システムに関する動向
 ■エキスパートシステムに関する動向
 ■機械学習・ニューラルネットワークに関する動向
 ■日本の動向
1-2. 参入状況とプレイヤー
 ■現在の参入状況と2020年の見通し
1-3. ELSI問題への取り組み
 ■ELSIと人工知能
 ■ELSIの中心論争テーマ
 ■ELSIに取り組む機関の例
1-4. 人工知能の特許トレンド
 ■人工知能の特許技術に関する全体動向
 ■新産業関連の企業の特許出願動向
 ■米Google社の動向

2章 2020年におけるマーケットへの影響 新規産業の創出
2-1. 自動運転
2-1-1. 対象領域と2020年の状況
2-1-2. 自動運転の製品・サービス
 ■自動運転車
2-1-3. 自動運転の派生サービス
 ■車載インフォティメントコンテンツサービス
 ■テレマティクス保険
 ■無人旅客運送サービス
 ■コンシェルジュサービス
2-2. 次世代製造業
2-2-1. 対象領域と2020年の状況
2-2-2. 次世代製造業の製品・サービス
 ■スマートファクトリー
 ■製品価値からサービス価値への転換
 ■人間・ロボット協調型生産システム
2-2-3. 次世代製造業の派生サービス
 ■マスカスタマイゼーション
 ■移動工場によるオンデマンド製造
 ■設計・製造熟練者のスキル形式知化
2-3. インテリジェントホーム
2-3-1. 対象領域と2020年の状況
2-3-2. インテリジェントホームの製品・サービス
 ■知能化家電
 ■知能化居住空間
 ■家庭用パーソナルアシスタント
2-3-3. インテリジェントホームの派生サービス
 ■インテリジェントホーム連携生活支援サービス
 ■街まるごと知能化
 ■インテリジェントホーム保険
2-4. インテリジェントメディカルケア
2-4-1. 対象領域と2020年の状況
2-4-2. インテリジェントメディカルケアの製品・サービス
 ■バイタルデータによる健康管理
 ■遺伝子情報による健康管理
 ■診断・治療知的サポート
 ■知能化治療室・病室
 ■研究開発知的サポート
2-4-3. インテリジェントメディカルケアの派生サービス
 ■健康レコメンデーションサービス
 ■デジタルホスピタル
2-5. インテリジェントインフラストラクチャー
2-5-1. 対象領域と2020年の状況
2-5-2. インテリジェントインフラストラクチャーの製品・サービス
 ■インテリジェント・エナジーインフラストラクチャー
 ■インテリジェント・ウォーターインフラストラクチャー
 ■インテリジェント・グリーンインフラストラクチャー
 ■メンテナンス・レジリエンスサービス
 ■セーファーシティーズ
2-5-3. インテリジェントインフラストラクチャーの派生サービス
 ■メンテナンス熟練者のスキル伝承
2-6. インテリジェントファーミング
2-6-1. 対象領域と2020年の状況
2-6-2. インテリジェントファーミングの製品・サービス
 ■スマート農機
 ■ドローンによる精密農業
 ■自律型植物工場
2-6-3. インテリジェントファーミングの派生サービス
 ■気象予測サービス
 ■農業保険
 ■ベテラン農家のスキル伝承
2-7. 自動物流・倉庫
2-7-1. 対象領域と2020年の状況
2-7-2. 自動物流・倉庫の製品・サービス
 ■自動陸運
 ■無人海運
 ■無人空運
 ■自律型物流ロボット
2-7-3. 自動物流・倉庫の派生サービス
 ■出荷予測サービス
2-8. インテリジェントコマース
2-8-1. 対象領域と2020年の状況
2-8-2. インテリジェントコマースの製品・サービス
 ■店舗における購買行動解析
 ■店舗における購買レコメンデーション
 ■eコマースにおける購買行動解析
 ■eコマースにおける購買レコメンデーション
2-9. インテリジェントファイナンス
2-9-1. 対象領域と2020年の状況
2-9-2. インテリジェントファイナンスの製品・サービス
 ■完全自動トレーディング
 ■アナリストエージェントによる投資支援
 ■信用診断知的サポート
 ■エージェントによるファイナンシャルプラン支援
2-9-3. インテリジェントファイナンスの派生サービス
 ■ソーシャルメディアを利用した投資判断支援
2-10. 自律型安全保障ロボット
2-10-1. 対象領域と2020年の状況
2-10-2. 自律型安全保障ロボットの製品・サービス
 ■自律型軍事ロボット
 ■レスキューロボット
 ■極限環境ロボット
 ■テロ発生予測システム
 ■災害情報支援システム
2-11. インテリジェントエデュケーション
2-11-1. 対象領域と2020年の状況
2-11-2. インテリジェントエデュケーションの製品・サービス
 ■パーソナライズド・アダプティブラーニング
 ■パーソナライズドカリキュラム設計支援
 ■パーソナライズドキャリア設計支援
2-12. インテリジェントセキュリティ
2-12-1. 対象領域と2020年の状況
2-12-2. インテリジェントセキュリティの製品・サービス
 ■データ解析による犯罪予測システム
 ■自動投稿監視システム
2-12-3. インテリジェントセキュリティの派生サービス
 ■セキュリティアドバイザリーサービス
 ■犯罪未然防止サービス
2-13. 次世代ビジネスインテリジェンス
2-13-1. 対象領域と2020年の状況
2-13-2. 次世代ビジネスインテリジェンスの製品・サービス
 ■フロントオフィス業務意思決定支援システム
 ■バックオフィス業務支援システム
 ■専門業務意思決定支援システム

3章 既存産業への影響
3-1. 自動車・輸送機器産業への影響
 ■二輪車
 ■自動車
 ■重機
 ■鉄道
 ■航空機

 ■造船 3-2. 電子・電気・機械産業への影響
 ■情報機器
 ■精密機器・事務機器
 ■衛星
 ■産業機械・ロボット
3-3. IT・メディア・コンテンツ産業への影響
 ■通信
 ■システム構築
 ■ソフト開発
 ■広告・デザイン
 ■娯楽
 ■報道
3-4. 医療・美容・健康産業への影響
 ■薬品
 ■介護
 ■ヘルスケア機器
 ■スポーツ
 ■美容
3-5. 素形材・化学産業への影響
 ■鋼鉄・金属
 ■紙・パルプ
 ■繊維
 ■ゴム・プラスチック
 ■石油・石炭
 ■建材
3-6. 衣料・インテリア・雑貨産業への影響
 ■ファッション
 ■インテリア・家具
 ■日用品・雑貨
 ■宝飾品
3-7. 農業・食品産業への影響
 ■農林水産業
 ■飲料
 ■外食産業
3-8. インフラ・建築・エネルギー産業への影響
 ■電力
 ■ガス
 ■水道
 ■道路
 ■土木
 ■鉄道
3-9. 流通・サービス産業への影響
 ■商社
 ■百貨店
 ■スーパー・コンビニ
 ■宅配便・運輸
 ■旅行
 ■人材派遣
3-10. 金融・保険・不動産産業への影響
 ■銀行・証券・保険
 ■クレジットカード
 ■ファンド
 ■不動産

4章 2020年新規産業創出に向けて求められる機能・技術
4-1. 自動運転を支える技術
4-2. 次世代製造業を支える技術
4-3. インテリジェントホームを支える技術
4-4. インテリジェントメディカルケアを支える技術
4-5. インテリジェントインフラストラクチャーを支える技術
4-6. インテリジェントファーミングを支える技術
4-7. 自動物流・倉庫を支える技術
4-8. インテリジェントコマースを支える技術
4-9. インテリジェントファイナンスを支える技術
4-10. 自律型安全保障ロボットを支える技術
4-11. インテリジェントエデュケーションを支える技術
4-12. インテリジェントセキュリティを支える技術
4-13. 次世代ビジネスインテリジェンスを支える技術

5章 人工知能に関連する周辺技術
5-1. 量子コンピュータ(ゲート方式)
5-2. 量子コンピュータ(アニーリング方式)
5-3. ニューロモーフィックチップ(脳型コンピュータチップ)
5-4. HPC
5-5. GPU
5-6. アフェクティブコンピューティング
5-7. 拡張現実
5-8. ジェスチャー認識

※目次は変更になる場合があります。


人工知能の未来2016-2020

■著者:EYアドバイザリー
■ 2015年11月28日発行
■ レポート(A4判、392ページ、特装本)
■ CD- ROM(本体に掲載された図表を収録)
■ 本体価格 300,000円+税
■ 発行:日経BP社

人工知能の未来2016-2020

購入特典

『日経ビジネスDigital』6ヵ月購読をプレゼントします。

※『日経ビジネス Digital』のご利用に関しましては、本商品をお申し込みい ただいたメールアドレス宛てにご案内いたします。ご利用を希望されるメー ルアドレスをご記入ください。

日経ビジネスDigital

[自動運転の未来 2016-2020] お申し込みはこちらから

日経BP未来研究所

レポート・ラインナップ

書籍・ムック