IoT∞ビジネス IoTの未来 2018-2027

∞

製造、インフラ、医療、住宅、輸送、IoTビジネスを創出するためにヒントとなる事例と未来像を提示する。

バズワードとして一般に知られるようになって久しいIoT。しかし、実際にIoTをビジネスに結びつけている日本企業はまだ少ないのが実情です。それはなぜでしょうか。そして、どうすれば「儲かるIoTビジネス」が実現できるのでしょうか。『IoTの未来2018-2027』は、IoTビジネスを創出するためのヒントとなる情報を満載したレポートです。現在の代表的なIoTビジネスの事例、グローバルにおけるIoTの政策、R&D動向を詳細に分析します。そして、製造、インフラ、医療、住宅、輸送の5領域で、未来に創出されるIoTビジネスを予測します。

1現在の日本・世界の代表的なIoTビジネスを網羅
「制御」「予測」「可視化」などの視点で、製造、インフラ、医療、住宅、輸送の5領域における現在の代表的なIoTビジネスを網羅しています。ここでしか得られない事例が満載です。
2グローバルにおけるIoTの政策、R&D動向を分析
米国、欧州、日本のIoTの政策を調査分析します。また、米国、欧州、日本の研究機関が注力するIoT関連R&D動向を製造、インフラ、医療、住宅、輸送分野別に網羅しています。
3未来に創出されるIoTビジネスを予測
製造、インフラ、医療、住宅、輸送の5領域において、未来に創出されるIoTビジネス(概要、想定顧客、提供価値、背景要因など)を予測します。新ビジネスを立ち上げるヒントとなる情報が満載です。

『IoTの未来 2018-2027』 目次

プロローグ
  • IoT時代の幕開け
  • なぜ今、IoTなのか?
  • IoTは「モノゴト」のインターネット
  • IoTは境界をつなぐ
  • IoTはサービスレイヤーを変える
  • 二つのIoT
  • IoTブームの影の主役、CPS
  • ビジネスモデルのルールチェンジ
  • IoTの機能と利用空間
  • IoTが開く未来社会
  • IoTとセキュリティ
  • 本書の構成
  • 謝辞

1IoTの注目領域

2注目領域における現在の代表的なIoTビジネス

2-1. 本章の構成

2-2. 製造領域

工場の制御/工場の予測/工場の可視化/作業者の制御/作業者(動作)の予測/作業者(状態)の可視化

2-3. インフラ領域

都市インフラの制御/都市インフラの予測/都市インフラの可視化/掘削・建設現場の制御/掘削・建設現場の予測/掘削・建設現場の可視化/現場作業者の制御/現場作業者(動作)の予測/現場作業者(状態)の可視化

2-4. 医療領域

病院の制御/病院の予測/病院の可視化/患者の制御/患者(動作)の予測/患者(状態)の可視化/スタッフの制御/スタッフ(動作)の予測/スタッフ(状態)の可視化

2-5. 住宅領域

生活環境の制御/生活環境の予測/生活環境の可視化/生活者の制御/生活者(動作)の予測/生活者(状態)の可視化

2-6. 輸送領域

輸送の制御/輸送の予測/輸送の可視化/輸送者の制御/輸送者(動作)の予測/輸送者(状態)の可視化

3グローバルにおけるIoT関連政策およびR&D動向

3-1. 本章の構成

3-2. 主要国・地域のIoT関連政策

米国/欧州/日本

3-3. 製造領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D

【欧州】製造から廃棄までの製品状態の可視化/【日本】所望の性能に基づく製品開発から製造の制御

3-4. インフラ領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D

【米国】歩行者含む移動体の渋滞予測に基づく信号の制御/【欧州】欧州のスマートシティ間を結ぶシンクロニシティの実現/【日本】歩行者の動作意図に基づく歩行誘導の最適化/【日本】歩行者の行動予測に基づく歩行誘導の最適化/【日本】社会インフラの実時間での異常検知/【日本】防災・減災のための実時間での局地的気象予測/【日本】災害時の損害予測および最適な回避方策の推定

3-5. 医療領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D

【米国】汗中タンパク質変化に基づく病気の検知/【米国】バイタルデータと状態記録を組み合わせた病気の検知/【米国】外骨格データに基づく歩行の最適化/【米国】在宅リハビリテーションの最適化/【米国】人工器官に接続された患部の状態の可視化/【日本】触診でしか分からない人の健康状態の可視化/【日本】人の視線による行動の予測

3-6. 住宅領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D

【米国】認知症患者の興奮状態の推定/【米国】ユーザーの日常行動や社会的位置付けに基づく生活習慣改善方法の最適化/【米国】日常生活からの睡眠阻害要因の推定/【欧州】欧州におけるアクティブ&ヘルス・エイジングIoTベースソリューション/【日本】人の状態に合わせたロボットの行動の制御

3-7. 輸送領域における主要国・地域の研究機関が注力するIoT R&D

【欧州】出荷から輸送までの農作物の状態可視化/【日本】歩行者や様々なモビリティが移動している状況下での自動運転

4未来に創出されるIoTビジネス

4-1. 本章の構成

4-2. 製造領域において創出されるIoTビジネス

未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰/未来に創出が予測されるIoTビジネス(プロセス産業におけるR&Dから生産までの自動制御/プロセス産業におけるR&Dから生産までの自動制御支援サービス/プロセス産業におけるR&Dから生産までの自動制御支援ツール提供サービス/製品ライフサイクルの可視化によるユーザーのロイヤルカスタマー化サービス/製品ライフサイクルの可視化によるユーザーのロイヤルカスタマー化支援サービス)

4-3. インフラ領域において創出されるIoTビジネス

未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰/未来に創出が予測されるIoTビジネス(信号制御による交通流量最適化サービス/街灯点灯による異変即時周知サービス/地域における歩行誘導・行動変容促進サービス/地域における歩行誘導・行動変容促進支援サービス/犯罪行為検知・急行サービス/ピンポイント災害予報サービス/自然災害の被害推定に基づくパーソナライズ回避ルート提案サービス/環境・エネルギー関連社会課題の可視化による解決支援サービス)

4-4. 医療領域において創出されるIoTビジネス

未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰/未来に創出が予測されるIoTビジネス(自覚症状がない病気の兆候認識・通知サービス/手術室における以心伝心ロボットサービス/テレイグジスタンスによる遠隔触診支援サービス/パーソナライズドリハビリ用アシストスーツ提供サービス/アバターを用いたパーソナライズドリハビリ支援サービス/人工器官不適合による合併症発生予防サービス)

4-5. 住宅領域において創出されるIoTビジネス

未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰/未来に創出が予測されるIoTビジネス(認知症向け介護ロボットサービス/認知症の焦燥性興奮の予知による介護者支援サービス/パーソナルトレーナーのアバターによる生活習慣改善支援サービス/パーソナライズド睡眠改善支援サービス/新興開発地域内の独居高齢者見守りサービス/新興開発地域内の独居高齢者見守り支援サービス)

4-6. 輸送領域において創出されるIoTビジネス

未来のIoTビジネスの方向性の俯瞰/未来に創出が予測されるIoTビジネス(倉庫内の複雑な環境下における自律協働ロボット/出荷から保管・輸送までの農作物状態可視化/出荷から保管・輸送までの農作物状態可視化支援サービス)

5 IoTを支えるインフラの未来

5-1. 本章の構成

5-2. データ流通の未来

5-3. データセキュリティの未来

監修・著者(代表)

園田 展人

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
ディレクター ジャパン・イノベーションリーダー

キヤノン、日本総合研究所を経て、現職。専門領域はイノベーションマネジメント。大手企業に対して、「AI/IoTなどのエマージングテクノロジーを使ったビジネスデザイン&ディベロップメント」「コーポレートベンチャーキャピタル」「新興国におけるフルーガルイノベーション」などの支援を手掛ける。また、政府機関に対して、科学技術政策・産業政策の政策提言を手掛ける。

製造、インフラ、医療、住宅、輸送、IoTビジネスを創出するためにヒントとなる事例と未来像を提示する。 IoTの未来 2018-2027
お申し込みはこちら
お問合せ

日経BP総研 未来ラボ 新刊レポート

既刊レポートはこちら