2018年3月14日からオンライン上で提供 レポート検索・生成サービス誕生

日経BP社の多様なコンテンツを ①調べたいキーワードでテキストや図表を検索 ②見つけた図表やテキストをパワポに出力 ③社内資料や営業提案に利用 企画書作成時間、大幅削減!

日経BP社が発行する調査・分析レポートをオンライン上で閲覧・検索できるレポート検索・生成サービスを2018年3月14日から開始します。これまで紙媒体でしか発行されていなかった調査・専門レポートをデジタル化しました。忙しい皆さまに書籍から必要な情報を読みながら探す手間を省き、欲しい情報にすぐアクセスできることを目指しました。テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能です。さらに、出典付きで図表やテキスト情報をパワーポイントに出力できるため、企画書などの社内資料の作成にかかる手間を大幅に削減できます。今後も機能拡充を順次図り、より便利で使いやすいサービスを提供していきます。

主な機能

レポート内サーチ

画面は開発中のものです

キーワードを入力するだけで、レポート内にあるテキスト情報を探せます。複数のキーワードの入力も可能です。検索結果には、検索したキーワードと関係性が高い「関連キーワード」「関連企業」「関連業種」を表示します。

図表サーチ

画面は開発中のものです

探したいキーワードから関連する図表を簡単に見つけることができます。拡大表示をはじめ、図表が掲載された部分のレポートの内容を確認することが可能です。必要な図表はパワーポイント形式で出力して活用できます。

レポート閲覧

画面は開発中のものです

書籍と同じように目次に沿ってレポートの閲覧が可能です。

今後も機能を続々拡充予定!

レポート検索・生成サービスをセットにできる書籍一覧

テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 全産業編

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 全産業編

自動車、エネルギー、医療・健康、エレクトロニクス、情報通信、材料・製造、農業・食品工業など全産業分野を対象に、イノベーションを起こす118テーマを選定し、今後10年の流れを予測しました。すでに1000を超える企業や大学が事業企画やR&D戦略立案のツールとして導入しています。全産業分野を網羅し、技術の未来をわかりやすく「見える化」した「技術予測」の決定版レポートです。

書籍発行日:2017年11月28日
書籍とオンラインサービスのセット価格:675,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み
テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 ICT融合新産業編

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 ICT融合新産業編

ICT(情報通信技術)にフォーカスしたものですが、ICT自体の進化を論じるものではありません。ICTを活用し融合することで新たな価値を生む農業、自動車、製造、医療・介護、小売・マーケティング、金融、社会インフラ、教育、メディア、企業経営、生活の各分野における技術進化を予測しています。

書籍発行日:2018年3月16日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み
テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 自動車・エネルギー編

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 自動車・エネルギー編

クルマの知能化・ネットワーク化、新興国への市場シフト、再生可能エネルギー市場の拡大など自動車・エネルギー分野においてイノベーションを起こす61項目の重要技術について、これから10年の技術の変遷を予測します。新版では環境規制の強化への対応が求められる「ガソリンエンジン」「電気自動車」などパワートレーン関連と、クルマの知能化に関連する「自動運転」「セキュリティ対策」などの項目を全面的に書き直し、最新情報を盛り込んでいます。

書籍発行日:2017年10月25日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み
テクノロジー・ロードマップ 2017-2026 医療・健康・食農編

テクノロジー・ロードマップ
2017-2026 医療・健康・食農編

世界的な高齢化や食料需給の問題解決に向けた医療、健康、食料・農業に関する76テーマについて分析を深めました。「生活の質の向上」「社会的課題の解決」「ビジネス機会の拡大」という3つの視点を設定、既得権益で守られた現状にとらわれない、市場ニーズ・ベースで進化する今後10 年の技術の変遷を予測しています。

書籍発行日:2017年3月13日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み
テクノロジー・ロードマップ 2017-2026 金融・マーケティング流通編

テクノロジー・ロードマップ
2017-2026 金融・マーケティング流通編

金融、マーケティング流通分野にフォーカスした特別版です。ICTと金融が融合したフィンテック、IoTやビッグデータを駆使した新たなマーケティング手法など、今後イノベーションを起こす74テーマを採り上げ、関連するプラットフォームや要素技術を盛り込みながら、市場ニーズの将来像とそれに適合する商品/サービス、技術を関連付けて今後の10年を見通します。

書籍発行日:2016年12月26日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み
日産自動車「リーフ」 徹底分解2018 全体編

日産自動車「リーフ」
徹底分解2018 全体編

2代目となる新型リーフを分解し、走行・安全性能と構成部品を徹底調査したレポートです。実地での走行性能・安全性能の評価に加えて、構成する部品の分解写真を多数掲載しています。実地電費をはじめ、自動駐車、自動ブレーキ、0-400m加速などの試験結果を収録。部品の分解パートでは、自動車部品メーカーや材料メーカーなど、さまざまなエンジニアの分析を織り込みました。すべてのコネクタとECUについても調査しています。

書籍発行日:2018年3月23日(予定)
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

お申し込みの方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。利用規約を読む


※レポート検索・生成サービスは、2018年3月14日からオンラインサービスを開始します。
テクノロジー・ロードマップ2018-2027 ICT融合新産業編と日産自動車「リーフ」徹底分解2018 全体編は、書籍発行日からのオンラインサービス提供となります。

※今回は「書籍とオンラインサービスのセット」でのご提供となります。
オンラインサービスのみの販売はいたしません。予めご了承ください。

書籍とオンラインサービスのセットのお問い合わせはこちらからどうぞ

書籍とオンラインサービスのセットのお問い合わせ

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 全産業編

書籍発行日:2017年11月28日
書籍とオンラインサービスのセット価格:675,000円+税

テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 全産業編

自動車、エネルギー、医療・健康、エレクトロニクス、情報通信、材料・製造、農業・食品工業など全産業分野を対象に、イノベーションを起こす118テーマを選定し、今後10年の流れを予測しました。すでに1000を超える企業や大学が事業企画やR&D戦略立案のツールとして導入しています。全産業分野を網羅し、技術の未来をわかりやすく「見える化」した「技術予測」の決定版レポートです。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 ICT融合新産業編

書籍発行日:2018年3月16日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 ICT融合新産業編

ICT(情報通信技術)にフォーカスしたものですが、ICT自体の進化を論じるものではありません。ICTを活用し融合することで新たな価値を生む農業、自動車、製造、医療・介護、小売・マーケティング、金融、社会インフラ、教育、メディア、企業経営、生活の各分野における技術進化を予測しています。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

テクノロジー・ロードマップ
2018-2027 自動車・エネルギー編

書籍発行日:2017年10月25日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

テクノロジー・ロードマップ 2018-2027 自動車・エネルギー編

クルマの知能化・ネットワーク化、新興国への市場シフト、再生可能エネルギー市場の拡大など自動車・エネルギー分野においてイノベーションを起こす61項目の重要技術について、これから10年の技術の変遷を予測します。新版では環境規制の強化への対応が求められる「ガソリンエンジン」「電気自動車」などパワートレーン関連と、クルマの知能化に関連する「自動運転」「セキュリティ対策」などの項目を全面的に書き直し、最新情報を盛り込んでいます。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

テクノロジー・ロードマップ
2017-2026 医療・健康・食農編

書籍発行日:2017年3月13日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

テクノロジー・ロードマップ 2017-2026 医療・健康・食農編

世界的な高齢化や食料需給の問題解決に向けた医療、健康、食料・農業に関する76テーマについて分析を深めました。「生活の質の向上」「社会的課題の解決」「ビジネス機会の拡大」という3つの視点を設定、既得権益で守られた現状にとらわれない、市場ニーズ・ベースで進化する今後10 年の技術の変遷を予測しています。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

テクノロジー・ロードマップ
2017-2026 金融・マーケティング流通編

書籍発行日:2016年12月26日
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

テクノロジー・ロードマップ 2017-2026 金融・マーケティング流通編

金融、マーケティング流通分野にフォーカスした特別版です。ICTと金融が融合したフィンテック、IoTやビッグデータを駆使した新たなマーケティング手法など、今後イノベーションを起こす74テーマを採り上げ、関連するプラットフォームや要素技術を盛り込みながら、市場ニーズの将来像とそれに適合する商品/サービス、技術を関連付けて今後の10年を見通します。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

日産自動車「リーフ」
徹底分解2018 全体編

書籍発行日:2018年3月23日(予定)
書籍とオンラインサービスのセット価格:450,000円+税

日産自動車「リーフ」 徹底分解2018 全体編

2代目となる新型リーフを分解し、走行・安全性能と構成部品を徹底調査したレポートです。実地での走行性能・安全性能の評価に加えて、構成する部品の分解写真を多数掲載しています。実地電費をはじめ、自動駐車、自動ブレーキ、0-400m加速などの試験結果を収録。部品の分解パートでは、自動車部品メーカーや材料メーカーなど、さまざまなエンジニアの分析を織り込みました。すべてのコネクタとECUについても調査しています。


内容の詳細はこちら 書籍とオンラインサービスのセットお申込み

お申し込みの方は、オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。利用規約を読む


※レポート検索・生成サービスは、2018年3月14日からオンラインサービスを開始します。
テクノロジー・ロードマップ2018-2027 ICT融合新産業編と日産自動車「リーフ」徹底分解2018 全体編は、書籍発行日からのオンラインサービス提供となります。

※今回は「書籍とオンラインサービスのセット」でのご提供となります。
オンラインサービスのみの販売はいたしません。予めご了承ください。

書籍とオンラインサービスのセットの
お問い合わせはこちらからどうぞ

書籍とオンラインサービスのセットのお問い合わせ

すでに書籍「テクノロジー・ロードマップ」
シリーズをご購入の皆様

ご購入の「テクノロジー・ロードマップ」のオンラインサービスとのセットにアップグレードできます。

■ テクノロジー・ロードマップ2018-2027 全産業編(アップグレード価格:225,000円+税)
■ テクノロジー・ロードマップ2018-2027 自動車・エネルギー編(アップグレード価格:150,000円+税)
■ テクノロジー・ロードマップ2017-2026 医療・健康・食農編(アップグレード価格:150,000円+税)
■ テクノロジー・ロードマップ2017-2026 金融・マーケティング流通編(アップグレード価格:150,000円+税)


※テクノロジー・ロードマップ2018-2027 ICT融合新産業編は、書籍発行が2018年3月16日となります。

アップグレードはこちらから



※オンラインサービスは、お申し込み後に登録が必要です。
お申し込みいただいた後、「オンラインサービスの使い方と登録についての説明キット」をお送りします。

オンラインサービスで提供するコンテンツは、下記のシーンに限りご利用いただけます。
❶少部数の資料・報告書の作成のため部分的に利用する場合(例:十数人規模の会議資料や社内資料(報告書)など、内部的資料へのコンテンツの部分 利用、特定取引先への企画書など、多数を対象としない対外的資料へのコンテンツの部分利用)
❷コンテンツに含まれるデータを元に、会員自身の資料内に独自の図表を作成する場合
利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。また、下記に定める行為など不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
(1)コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること(2)社内LAN(イントラネット)またはインターネット上のサーバーにデータファイルを保存すること(3)許諾される範囲を超えて複製、譲渡又は貸与すること(4)上記のほか、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること このほか、上記以外の利用(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)において、コンテンツを商用転載する場合は、その都度事前に転載申請の手続きが必要です。本規約に基づく許諾範囲を超える転載などは基本的に有料となります。商用転載を希望 する場合は、日経BP社著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、ご連絡いただいた場合でも、利用をお断りするケースも ございますので、あらかじめご了承ください。