電力の未来 2018-2027 激動の電力市場を生き抜く道しるべ。2017年12月リリース

電力自由化、東電、原発、再エネ・・・
各プレイヤーが進むべき道は?
日本の電力市場の未来を描き出す。

日本の電力市場は、激動の時代に突入しました。電力の全面自由化により、数多くの新電力事業者が小売電気市場への参入を果たしました。しかしながら、将来、大手電力会社の巻き返しにより、新電力事業者の多くは苦難の道を歩くことになるでしょう。その一方で、独自の市場を獲得し、存在感を示す新電力事業者やその関連事業者が現れると予測します。どのような事業者であれば、活躍できるのか。それに必要な戦略は何か。本レポートは、電力自由化の今後10年を詳細に予測し、各プレーヤーに対して進むべき道を提示します。

1電力自由化の今後10年を予測

  • 大手電力会社が大統合へ、「東日本」、「中央日本」、「西日本」に集約
  • 海外のエネルギー会社が日本進出、商社の仲介で都市ガス会社を買収へ
  • 自治体電力の一部が破綻へ、太陽光発電所だけでは対応困難に
  • PKSに課題が続出、バイオマス発電所の収支が急激悪化へ
  • 「太陽光バブル」が弾ける、メンテなどを対象とする見守りサービス登場へ
  • 洋上風力発電が拡大へ、地元漁業関係者との交渉がカギに
  • 大手電力会社と都市ガス会社、地方部では連携へ
  • 中国企業、太陽光にとどまらず、風力やバイオマスにも進出へ など

2新電力事業者の未来を予測

都市ガス会社/LPガス会社/石油会社/総合商社

地方自治体/住宅会社/通信会社/電気設備会社 など

3日本/世界の発電方式の未来を予測

エネルギー・ミックス/火力発電/原子力発電/太陽光発電

風力発電/バイオマス発電/水力発電/地熱発電

4世界の電力自由化の先行事例を網羅

英国/ドイツ/北欧諸国/オーストラリア/米国

『電力の未来 2018-2027』 目次

第1章電力自由化の未来予測

第2章新電力事業者の未来

第3章日本の発電方式の未来

第4章世界の発電方式の未来

第5章世界の電力自由化の先行事例

著者紹介

村井 哲之株式会社エネルギーマネジメント総合研究所
代表取締役

広島大学 政治経済学部 経済学科卒。法政大学環境マネジメント研究科修士課程中退。リクルート、第二電電(現KDDI)、環境経営戦略総研(現アイ・グリッド・ソリューションズ)代表取締役社長を経て、現在、株式会社エネルギーマネジメント総合研究所代表取締役。一般社団法人ジャパン・フードバンク・リンク理事長も務める。

村谷 敬株式会社エネルギーマネジメント総合研究所
CIO

成蹊大学法学部法律学科卒。エナリス、エプコと電力自由化業界での経験を基礎に、電力ビジネスのコンサルティングを行う。これまでに約120社の小売電気事業者のビジネスに携わり、2011年以降では32社のプロジェクトを手がける。地方創生の一環としての電力事業を立上げにも習熟、北海道から沖縄まで縦横無尽に活動する。

電力自由化、東電、原発、再エネ・・・
各プレイヤーが進むべき道は?
日本の電力市場の未来を描き出す
電力の未来 2018-2027

  • 本体価格 450,000円+税
  • 著者:村井 哲之(株式会社エネルギーマネジメント総合研究所代表取締役)
    村谷 敬(株式会社エネルギーマネジメント総合研究所CIO)
  • 2017年12月21日発行
  • レポート:A4判、約320ページ
  • CD-ROM:本体に掲載された図表を収録
  • 発行:日経BP社

購入特典

ご購入いただいた皆様には「日経ビジネスDigital」6ヵ月購読をプレゼントします

※『日経ビジネスDigital』のご利用に関しましては、本商品をお申し込みいただいたメールアドレス宛てに、ご案内いたします。ご利用を希望されるメールアドレスをご記入ください。

日経BP総研 未来研究所 新刊レポート

既刊レポートはこちら