ビジョナリー経営研究所

ビジョナリー経営研究所

ビジネスを取り巻く環境は、年々厳しさを増し、経営の舵取りの難度は上がる一方です。会社や商品の知名度をもっと上げたい、事業承継をスムーズに行いたい、人材教育・採用を強化したい、創業者のビジョンや思いを社内外に浸透させたい…。実現させたい構想は山ほどあるけれど、なかなか思うままにならないというのが実情でしょう。日経BP総研 ビジョナリー経営研究所は、経営ビジョンの策定から企業ブランディング、人材教育、マーケティング、商品開発まで、ほかにはない経営ソリューションを、経営者や次世代リーダーに向けて提供します。

所長ご紹介

徳永 太郎
徳永 太郎
Taro Tokunaga
ビジョナリー経営研究所
所長

少子高齢化による国内市場の縮小、企業間競争のグローバル化、慢性的な人手不足――。こんなときこそ、経営者や経営幹部は、従業員や株主をはじめとするステークホルダーにしっかりとビジョンを示して経営に臨まなければなりません。何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。ビジョナリー経営研究所は全力を挙げて、皆様のビジネスを支援いたします。

専門分野

ワークプレイス、不動産投資マーケット


経歴

明治大学法学部卒業。1989年に日経BP社入社後、日経アーキテクチュア、日経不動産マーケット情報編集長、日経ビジネス副編集長などを経て、2017年からビジョナリー経営研究所所長。


実績

不動産流動化・賃貸オフィスマーケット分析や都市開発、ワークスタイル変革などの分野に関する調査・分析、講演活動の実績多数。ワークプレイスの生産性向上に関する研究会などにも参加。


コラム・著書

2017.09.07 研究員ブログ「記事1本1本に通信簿?オウンドメディアのPDCA」


最近の活動

2017.3~ 情報サイト「カンパネラ」編集長
2016.10 情報サイト「未来開墾 ビジネスファーム」開設