研究員プロフィール

小原 隆
小原 隆
Takashi Obara
社会インフラ研究所
上席研究員

2016年11月に発効したパリ協定で、日本は温室効果ガスを2030年度に2013年度比マイナス26%とすることを約束しました。その実現のためには、省エネ建築をどんどん増やさなくてはなりません。一日も早く、省エネ建築が当たり前の社会になるよう、行政や企業、大学などと日々協働しています。

専門分野

建築、住宅、マンション、まちづくり、省エネ、建材・設備、木材


経歴

神戸大学工学部建築学科卒業後、建設会社で大手デベロッパーのマンションやオフィスビルなどの設計を担当。1996年日経BP社に入社。『日経アーキテクチュア』『日経コンストラクション』編集記者、『日経ホームビルダー』「ケンプラッツ』編集長を経て、2016年4月から現職。


実績

2015年度、2016年度 国土交通省「BELS普及推進業務」
2016年度 国土交通省「省エネ適合義務化推進事業」
2015年度、2016年度、2017年度 林野庁「CLT等新たな木質部材・工法の普及支援」


コラム・著書

日経アーキテクチュア
日経コンストラクション
日経ホームビルダー
「マンション・戸建て 中古の正しい選び方」
「リフォームビジネス成功の鉄則55」
など


最近の活動

省エネNext編集長 http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/NA/shoene/
省エネ建築/住宅、中大規模木造、工務店、設計事務所、建設会社、不動産会社、住宅マーケティング、リフォーム、リノベーションなどに関する執筆、講演