研究員プロフィール

高津 尚悟
高津 尚悟
Shogo Takatsu
社会インフラ研究所
プロデューサー

出版や展覧会のプロデュース、アートディレクションのほか、地方創生やインバウンド、ホストタウン、DMOなど、まちづくり全般のコンサルティングを手掛けています。なかでも2021年まで続くスポーツ・ゴールデンイヤーズを契機にした「スポーツ・健康まちづくり」によるレガシー構築に注力しています。

専門分野

まちづくり、観光、スポーツ、食、地方創生、アート、建築、住宅、不動産


経歴

1988年武蔵野美術大学造形学部卒業。日経BP社入社後、『日経アーキテクチュア』『日経コンストラクション』編集記者、『日経アーキテクチュア』副編集長、建設系総合ウェブサイト『ケンプラッツ』編集長を経て現職。


実績

特別展「ガウディ×井上雄彦」プロデュース&アートディレクター
NHK-BS番組『驚き!ニッポンの底力「巨大建築物語」』出演
世界文化遺産『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』企画協力
東京・渋谷『超福祉展』企画アドバイザー
日本CM協会CM選奨審査委員


コラム・著書

漫画家・井上雄彦とコラボレーションしたシリーズ書籍「pepita」(1~3)責任編集者
特別展「ガウディ×井上雄彦」図録
よくわかる耐震改修(日経BP社)
CASBEE入門(日経BP社)
SHIBUYA202X(日経BP社)


最近の活動

2015 福井県越前市や鹿児用島県伊佐市などの総合戦略策定支援事業など。
2016 伊佐市・さつま町地域連携DMOの設立支援、徳島県リーサス普及キャラバン、福井県あわら市地域ブランド創出事業など。
2017 徳島東部DMOの設立支援、静岡県下の自治体でリーサス研修講師など。