マーケティング戦略研究所

マーケティング戦略研究所

消費者を取り巻く環境は激しく変化し、求めるものも大きく変化しています。モノの足りた時代、ヒットを生み出す方程式はどこにあるのでしょうか? 答えを持っているのは生活者。しかし、明日のことを生活者は語りません。日経BP総研 マーケティング戦略研究所は、生活に深く根差した知見を基に、明日のヒットづくりを支援します。

所長ご紹介

麓 幸子
麓 幸子
Sachiko Fumoto
マーケティング戦略研究所
所長

メンバーが組織に誇りを持ち意欲高く働くことが組織の価値を上げ持続的成長をもたらします。「女性活躍」「働き方改革」の実績を踏まえ、組織風土改革のご支援をいたします。

専門分野

組織風土改革・女性活躍・働き方改革


経歴

1984年筑波大学卒業。同年日経BP社入社。2006年『日経ウーマン』編集長。2012年ビズライフ局長。日経ウーマンなど3媒体の発行人。2014年日経BPヒット総合研究所長。同年法政大学大学院経営学修士課程修了。2016年執行役員。筑波大学非常勤講師。内閣府や林野庁などの有識者委員も務めるなど公職の実績も多い。


実績

2017.10 DMG森精機「働き方改革の勘所」2017.10 日本ケーブルテレビ連盟「ウーマンワークショップ2017」基調講演
2017.10 総務省人材育成専門家派遣事業 講演「女性地方公務員の活躍及び働き方改革の推進」
2017.9 内閣官房 本府省新任管理者セミナー講演「女性活躍推進と働き方改革」
2016.11 日本学術会議公開シンポジウム「202030は可能か」講演「成功の鍵は無意識のバイアスの打破と3K上司にある」


コラム・著書

2017.5 『仕事も私生活もなぜかうまくいく女性の習慣』(単著、日経BP社)
2016.5 『女性活躍の教科書~明日からできる「輝く会社の人材戦略」』(共著、日経BP社)
2015.5 『なぜあの会社は女性管理職が順調に増えているのか』(共著、日経BP社)
2014.5 『企業力を高める~女性の活躍推進と働き方改革』(共著、経団連出版)
2011年 『就活生の親が今、知っておくべくこと』(単著、日経新聞出版社)


最近の活動

2017.9 日本キャリアデザイン学会研究大会の企画委員を務める。このようなアカデミア領域での活動により最新理論と豊富な企業取材を踏まえて原稿執筆や講演活動をする。
・女性活躍推進に加え、働き方改革をテーマにした講演依頼が急増。その両方に共通するのは組織風土の改革ということ。コンサルティングでも豊富な実績を持つ。
・講演依頼は、企業の経営層、管理職、女性たちの大きく対象は3つに分かれるが、どの層に対しても的確な支援が可能。業界は問わない。