医療ビッグデータ・コンソーシアム

「医療ビッグデータ」の利活用を推進する
コンソーシアムを設立し運営

戦略構築を進める 具体的方策が知りたい

超高齢社会を迎える日本では、医療データをビッグデータとして活用した疾病予防や先制医療への期待が高まっています。しかし、医療機関ごとに蓄積された情報をビッグデータとして、分析・評価する方法は確立されていません。医療ビッグデータの構築や利活用の具体的方策を多角的な視点から導き出し、政府に提言できる組織の必要性が高まっていました。

産官学の人脈を活かし 新事業の創出にも貢献

2014年11月、産官学の有識者を発起人とした「医療ビッグデータ・コンソーシアム」が設立されました。日経BP総研は、自社が持つ政財界への知見と『日経メディカル』誌で培った医学界とのネットワークを活かして、このコンソーシアムの設立に貢献しました。

提言策定、ライフサイエンス、ヘルスケア、予防医療・健康情報の4部会の「参加企業」連絡会は、医学界と産業界との情報交換の場として機能し、医療ビッグデータに関連する新事業の創出に寄与しました。