日経BPブックナビ

正念場のヤマト、試される小倉イズム

インターネット通販の拡大による荷物の急増によって、宅配便業界が大きく揺れています。
特に宅配便最大手のヤマト運輸は、労働環境の悪化や人件費の高騰、人手不足などが社会的な問題となって、2017年春、注目を集めました。
セールスドライバーなど現場の悲鳴を受け、ヤマト運輸は本格的な「働き方改革」に乗り出しています。

宅急便の生みの親にして、戦後の名経営者・小倉昌男氏は、素晴らしい経営哲学を遺しました。
「サービスが先、利益は後」「顧客第一」「全員経営」…。
正念場を迎えた今、改めてこの「小倉イズム」が問われています。

関連書籍一覧

  • 『ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの』

    ヤマト正伝 小倉昌男が遺したもの

    小倉昌男の後を継いだ歴代経営者が語った守るべきもの、変えてゆくもの。
    小倉氏以降、ヤマトグループを支えてきた歴代経営者たちは、中興の祖の遺した言葉を、どのように咀嚼し、自身の経営に生かし、次の世代にバトンタッチしてきたのか。"ポスト小倉昌男"の経営者5人の言葉をまとめた、初めての経営書です。

    詳細・購入はこちらから

  • 『小倉昌男 経営学』

    小倉昌男 経営学

    「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。
    本書はヤマト運輸の元社長である小倉氏が書き下ろした、経営のバイブルです。
    「学習する経営者」小倉氏の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力、経営者としての人となりが伝わる1冊です。

    詳細・購入はこちらから

ページの先頭に戻る