日経BPブックナビ

小学校で「プログラミング」必修化、親子で一緒に挑戦してみてはいかが?

 2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修になります。各校の判断によりますが、2018年度からの先行実施も認められています。あらゆる製品にコンピューターが搭載されるようになり、世の中の製品やサービスはコンピューターを動かすプログラミングなしでは成り立たなくなってきています。それだけにプログラミングは、社会に出る上での必須スキルになりつつあります。

 グローバル社会の到来により必須スキルになった英語と同様、幼い頃からプログラミングに触れていれば苦手意識ができにくく、大人になってから学習を始めるより原理の理解が早く進み知識も早く身に付くことでしょう。

 大人にとっても、プログラミングの知識があることは仕事をする上で役に立ちます。これを機に子どもと一緒に学んでみては、いかがでしょうか。以下に、はじめてでも楽しみながらプログラミングを学べる書籍を集めました。これらを参考に、親子で挑戦してみましょう。

関連書籍一覧

  • 【楽しみながら、創造力、論理的思考力、共創力を育む】

    小学生からはじめるわくわくプログラミング

    小学生からはじめるわくわくプログラミング

     ブロック状になった様々な命令を組み合わせることでプログラムを作る子ども向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ) 1.4/2.0」を使い、プログラミングを学習します。プログラミング学習を通じて、自ら仕組みを考え、手を動かして、モノを作り上げる楽しさを体験してもらえるはずです。
    詳細・購入はこちらから

  • 【自分のアイデアを表現する力と姿勢が身に付く】

    小学生からはじめるわくわくプログラミング2

    小学生からはじめるわくわくプログラミング2

     プログラミングを継続して学びたい小学生向けの学習書。『小学生からはじめるわくわくプログラミング』で学んだ方はもちろん、初めての方でも楽しく学習できます。「Scratch2.0」に対応。小学校の教科に関連した作品(プログラム)を作成していくことで、「自分のアイデアを表現する力、姿勢」を身に付けます。
    詳細・購入はこちらから

  • 【「ラズベリーパイ」を使ってプログラミングに挑戦】

    Raspberry Piではじめるどきどきプログラミング 増補改訂第2版

    Raspberry Piではじめるどきどきプログラミング 増補改訂第2版

     小型で格安のPCボード「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を使い、その上で利用できるスクラッチや箱庭ゲーム「マインクラフトパイ」を通して、プログラミングとものづくりの楽しさを伝えます。コンピューターになじみがなくても大丈夫です。
    詳細・購入はこちらから

  • 【はじめてでもカンタン! すぐできる】

    日経Kids+ 子どもと一緒に楽しむ!プログラミング

    日経Kids+ 子どもと一緒に楽しむ!プログラミング

     小中学生の間で人気のゲームソフト「マインクラフト」でプログラミングを体験したり、スクラッチで100m走ゲームを作ったりと楽しみながらプログラミングを学びます。プログラミングを学べるスクール紹介や一流プログラマーのインタビューも掲載。
    詳細・購入はこちらから

  • 【そのまま使えるスクラッチ向けのプログラム集を掲載】

    小中学生からはじめるプログラミングの本

    小中学生からはじめるプログラミングの本

     スクラッチを使って、子どもが自力でプログラミングするための素材を集めました。「マリオのようにジャンプする」「シューティングゲームの弾を連続発射する」など、そのままご自分のプログラムに使用できます。将来性抜群のプログラミング言語「Python(パイソン)」にも挑戦します。
    詳細・購入はこちらから

  • 【悩める親世代にプログラミングを解説】

    文系の親でもゼロからわかるプログラミング

    文系の親でもゼロからわかるプログラミング

     子どもにプログラミング教育を受けさせるには、どうすればいいのか。悩める親世代に向けて、プログラミングとは何か、スクールでは何を学ばせるのか、スクールに通わなくても身に付ける術はあるのかを、わかりやすく解説します。
    詳細・購入はこちらから

ページの先頭に戻る