日経BPブックナビ

なぜ、その理論や実験は「美しい」のか? 文系でもわかる!「やさしい」科学の歴史

 テレビドラマや映画にもなりヒットした推理作家・東野圭吾の『ガリレオシリーズ』。主人公の物理学者・湯川学は、超常現象とも取れる不可解な事件のトリックを、物理の理論や実験を駆使して解き明かす。ドラマや映画では、湯川を歌手で俳優の福山雅治が演じたこともあり、この物理学者のことを世の女性たちは目をハートにして「美しい」と見ていました。

 湯川の容姿は別として、科学・物理の世界には「美しい」とされる理論や実験があります。「自分は文系で科学・物理は苦手」という人は、なぜ美しいのか理解できないと思うかもしれませんが、大丈夫。「世界でもっとも美しい」シリーズの書籍では、歴史をひも解きつつ、美しいとされる理由を、背景にある理論を含めやさしく解説しています。このシリーズを読めば、何を話しているのか分からず「宇宙人」のように見えていた社内の理系人間への理解も進むかもしれません。

(2017年3月10日)

関連書籍一覧

  • 【科学実験を「鑑賞」するポイントとは?】

    世界でもっとも美しい10の科学実験

    世界でもっとも美しい10の科学実験

     歴史上の著名な実験の中から、物理学誌の読者投票によって「もっとも美しい」ベスト10を選定。その「美しさ」のポイントを、難しい式を使わず絵画を鑑賞するかのようにやさしく解説しました。実験の概要や背景となる理論だけでなく、著者が美しいと感じた理由やトリビア的な知識も披露します。
    詳細・購入はこちらから

  • 【生物学や化学を含めてセレクトした「もうひとつの」物語】

    もうひとつの「世界でもっとも美しい10の科学実験」

    もうひとつの「世界でもっとも美しい10の科学実験」

     『世界でもっとも美しい10の科学実験』に触発された、ニューヨークタイムズ紙のコラムニストが発表した別のリストをもとに書かれた、科学読み物です。物理学誌のアンケートによる前作とは異なり、生物学や化学からも選ばれています。また、哲学や科学史的な背景よりは、実験そのものの解説が主体となっています。
    詳細・購入(紙版のみ)はこちらから

  • 【「ピタゴラスの定理」は、なぜ美しいのか?】

    世界でもっとも美しい10の物理方程式

    世界でもっとも美しい10の物理方程式

     物理学を中心とした科学史に残る著名な方程式(数式)のうち、著者がもっとも美しいあるいは偉大と考える10の方程式について、その「美しさ」のポイントをやさしく解説します。『世界でもっとも美しい10の科学実験』と同様に、著者が偉大と考えた理由や哲学っぽいトリビア的な知識も開陳しています。
    詳細・購入はこちらから

  • 【数式を使わずに量子物理をやさしく解説!】

    世界でもっとも美しい量子物理の物語

    世界でもっとも美しい量子物理の物語

    「世界でもっとも美しい」シリーズの最新刊。確率や統計で解釈される量子物理学のイメージを、ほとんど数式を使わずに概説した科学史ストーリーです。ジョン・アップダイクの小説や1コマ漫画、詩、彫刻などで表現されたものをベースに、やさしく説明しています。
    詳細・購入はこちらから

  • 【長さや重さの単位は、どのようにして正確に決められたのか?】

    世界でもっとも正確な長さと重さの物語

    世界でもっとも正確な長さと重さの物語

     「世界でもっとも美しい」シリーズの著者による科学史本。長さや重さの単位がどのように決められてきたのかを、その変遷から知ることができる物語です。哲学っぽいトリビア的な知識も収められています。
    詳細・購入はこちらから

≪ 特集一覧へ ≫
ページの先頭に戻る