日経BPブックナビ

プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?

価格 2,808円(税込)
ISBN 978-4-8222-5563-3
発行日 2018年3月27日
著者名 アンドリュー・マカフィー、エリック・ブリニョルフソン(著),村井 章子 訳
発行元 日経BP社
ページ数 536ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

 「企業はもはや過去の遺物?」
 「専門家はなぜ役に立たないのか?」
 『機械との競争』と『ザ・セカンド・、マシン・エイジ』の著者で、「テクノロジー失業」到来を訴えて反響を呼んだMIT(マサチューセッツ工科大学)のコンビが、新たにテクノロジーによる「企業消滅」に挑んだ意欲作。

 ビジネスを大きく変革する3つのトレンドーー。
 ●マシン:アルファ碁が代表する自己学習的コンピュータ、AIの進歩。  
 ●プラットフォーム:Amazon、Facebook、Google、Uber、Airbnb、アリババ、テンセントなどが構築した物理的なモノやサービスを提供するしくみと場。
 ●クラウド(Crowd):大勢の人からアイデアや資金を募る流れ。

 マシンは人間の頭脳、プラットフォームはプロダクト、クラウドはコアと呼ばれる企業の製造プロセスやサプライチェーンとペアをなす。デジタル技術の大変革期を生き延びるためには、この3つのペアのバランスを再考することが急務、と著者たちは訴える。
 さあ、あなたの企業は生き延びられる?
ページの先頭に戻る