日経BPブックナビ

絶対わかる情報処理安全確保支援士 2018年春版

価格 2,700円(税込)
ISBN 978-4-8222-5783-5
発行日 2018年2月20日
著者名 濱野谷 芳枝、八木 美智子、山崎圭吾、佐宗 万祐子 著
発行元 日経BP社
ページ数 304ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

セキュリティ国家資格の合格指南書
過去問を詳しく解説、解答のコツを伝授します!


 2017年春に新設された情報セキュリティの国家資格「情報処理安全確保支援士」試験に合格するための解説本です。
情報処理安全確保支援士とは何かを解説するとともに、試験に合格するための勉強や解答のコツ、2017年(平成29年)秋に実施された情報処理安全確保支援士試験の午前I、午後I・IIで出題されたすべての問題を詳しく解説します。

 本書の特徴は、2017年10月に実施された情報処理安全確保支援士試験の問題を、実務に長けた株式会社ラックのセキュリティ技術者が、しつこいまでに丁寧に解説していることです。
単に問題を解く最短距離を示すだけでなく、問題文に隠れる作問者の意図を一つずつ指摘し、難問といわれる同試験の問題を、確実に解きほぐす力を付けていただきます。

 著者らは全員、情報処理安全確保支援士をはじめとした各種情報処理技術者の資格を保有しています。
その経験を基に、情報処理安全確保支援士とは何か、情報処理安全確保支援士を取得するとどういうメリットがあるのかを、当事者の視点から詳細に解説。また、試験に合格するための勉強の仕方やポイントを事細かに説明します。

 本書は、単なる情報セキュリティの参考書ではありません。
試験に合格するには、知識や実務経験だけでは不十分です。長い文章問題から短い時間で必要な情報を得て、簡潔に回答するにはコツが必要だからです。
この本を読めば、そうしたコツを体得し、難関を突破する力が付くはずです。支援士試験の合格を目指す方は、ぜひご一読ください。
ページの先頭に戻る