日経BPブックナビ

定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!

価格 1,512円(税込)
ISBN 978-4-8222-3831-5
発行日 2017年2月27日
著者名 大江 英樹、井戸 美枝 著
発行元 日経BP社
ページ数 200ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

【著者トークショーを開催します!】
日本橋 BOOK CON
「STOP!老後破産!45歳から始める金持ち老後入門」
大江英樹氏×井戸美枝氏 トークショー

日時:2017年10月20日(金)18:00~(17:45受付開始)
会場:丸善・日本橋店(東京) 3F
※参加費無料・事前予約制(先着順)
★お申し込みはこちら

日本橋 BOOK CON 10/18~20開催 詳細はこちら
---------------------------------

「定年後は悠々自適神話」は崩壊。65歳まで働くことを覚悟している現役世代がほとんど。
しかし勤務先で再雇用されても仕事のやりがい、給与ともに大幅ダウンし、
職場の居心地はひどく悪いのが現実だ。
さらに65歳で会社を「卒業」し、年金収入だけになったら、本当に暮らしていけるのか…。
親や自分の介護にかかるお金は?60代からの就活ってどうやればいい?

人生100年時代に、経済的にも精神的にも豊かな定年後を送るために現役時代から準備すべきことを、
お金のプロであり、リアル定年男子&定年女子のふたりが自らの経験と知識を総動員してガイドする。
45歳から始める「金持ち老後」入門!

<目次>
【はじめに】 「老後破産」が不安なあなたに
◆定年退職したとき、150万円しかなかった私(大江英樹)
 3000万円ないと「老後破産」するのウソ/居場所がなかった再雇用時代
◆お金のプロが「年金生活」を始めて分かったこと(井戸美枝)
 大半の女性が、最後には「おひとりさま」に/平均寿命と健康寿命の差、男は9年・女は12年

【第1章】 「金持ち老後」のために知っておくべきこと
◆老後のお金の「入」と「出」を把握せよ(大江英樹)
 定年後のお金不安の原因は「3つの分からない」/65歳の私の生活費の明細、公開します/投資は苦手ならしなくてよい
◆女子こそ早めに知っておく!年金は、いつから、いくらもらえる?(井戸美枝)
 あの「はがき」で私の年金額が、ずばり分かる/年金から差し引かれる意外なもの

定年男子×定年女子トークセッション①年金を賢くもらうコツ

【第2章】 月8万円の収入で「老後の赤字」は消える
◆定年後も働くことこそ、老後不安の最強の解決法(大江英樹)
 60歳からは嫌な仕事はしない/働き続けることで「私の価値」は1000万円以上にも
◆会社員も主婦も、心理テストで定年後の“適職”に出合おう(井戸美枝)
 定年夫婦の家計赤字は、平均で年100万円/「お金にならないこと」に意外なチャンスが

定年男子×定年女子トークセッション②60歳以降も働くための心がまえ

【第3章】 病気と介護にかかるお金 ホントのところ
◆日本の健康保険は最強。私、医療保険“不要派”です(大江英樹)
 日本の健康保険制度は最強/健康とお金には、たくさんの共通点がある
◆医療+介護でひとり800万円を見ておこう(井戸美枝)
 女の一生には介護が3度ある/70歳未満&70歳以上の医療費が変わる

定年男子×定年女子トークセッション③親の介護から学んだ、お金周りの「断捨離」

【第4章】 幸せな老後のために45歳からやっておくべきこと
◆現役時代にえらかった人ほど“キレる老人”になる(大江英樹)
 会社員か自営業かで準備すべきことは異なる/「お金の貯金」より「人の貯金」
◆熟年離婚は夫婦両方を“ビンボー老後”にする(井戸美枝)
 夫に先立たれると、妻の収入が半減/離婚時の年金分割、たいしてもらえません

定年男子×定年女子トークセッション④長い老後を豊かに暮らす知恵
ページの先頭に戻る