日経BPブックナビ

ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業

価格 1,944円(税込)
ISBN 978-4-8222-3915-2
発行日 2017年2月13日
著者名 神成 淳司 著
発行元 日経BP社
ページ数 184ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介


IT×農業で有力な輸出産業に
第一人者が戦略の全貌を語る


 農業を「質」で見ると、これほど有望な産業はありません。
日本の農作物は世界中で高い評価を受けており、日本の熟練農家の技は“世界一”と言っても過言ではないでしょう。
ただ、その多くは本人ですら言葉にできない「暗黙知」であり、スケールさせることが難しく、そこに課題がありました。

 しかしここに来て、状況が変わりつつあります。IT技術の進歩により熟練農家の技を「形式知」にできるようになったのです。
国内農家の底上げができるだけでなく、熟練農家の技を「知財」として安全に輸出することも視野に入りました。そうした取り組みを「AI農業」と呼びます。

 「AI農業」の「AI」とは、人工知能(Artificial Intelligence)の研究をも包含する、農業情報科学(Agri-InfoScience)を指しています。
すなわちAI農業とは、人工知能を含めた情報科学の知見を農業分野に適用することで、社会システムの変革を促す一連の取り組みなのです。

 最新ITが「農業」を変革する――。その戦略の全貌が本書に書かれています。
ページの先頭に戻る