日経BPブックナビ

故事成語で読み解く中国経済

価格 3,024円(税込)
ISBN 978-4-8222-5181-9
発行日 2016年11月28日
著者名 李 智雄 
発行元 日経BP社
ページ数 400ページ
判型 A5

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

韓国生まれの気鋭のエコノミストが、急速に変貌する中国経済の実像を豊富なデータで活写する。その手法は、恩師の経済学者、吉川洋の「需要」重視のアプローチと、日本経済の高度成長後に起きた数々の変化をモノサシに中国との比較を試みることだ。
各章のタイトルは、以下のように中国の故事成語からつけられている。章の冒頭には、その故事の元になった「史記」、「十八史略」などを紹介している。

第1部 需要から見た成長鈍化

第1章 先ず隗(かい)より始めよーー分析のモノサシ
第2章 五十歩百歩ーー投資から消費主導型へ
第3章 衣食足りて栄辱を知るーー消費の変化
第4章 臥薪嘗胆ーー倒産よ不良債権
第5章 換骨奪胎ーーロボットと高品質化
第6章 捲土重来ーー国有企業改革
第7章 耳を掩(おお)いて鐘を盗むーーシャドーバンキング
第8章 青は藍より出でて藍より青しーー技術進歩
第9章 羊を亡いて牢を補うーー人口減少
第10章 食指が動くーー世界との関わり
第11章 画竜点睛を欠くーー成長の源泉  

第2部 どの経済指標を見るか

第12章 三人成虎ーー「重要」な指標の基準
第13章 将を射んと欲すれば先ず馬を射よーー政治
第14章 苦肉の計ーー日本語で追う中国 
第15章 磨斧(まふ)作針ーー経済指標の調節
第16章 蛍雪の功ーーデータの入手先
第17章 騏驥(きき)の跼躅(きょくちょく)は駑馬(どば)の安歩に如かず
    ーー指標の解説 
ページの先頭に戻る