日経BPブックナビ

ザ・町工場

「女将」がつくる最強の職人集団

価格 1,728円(税込)
ISBN 978-4-8222-5144-4
発行日 2016年3月23日
著者名 諏訪 貴子 
発行元 日経BP社
ページ数 264ページ
判型 4-6

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

「町工場の星」と呼ばれ、メディアでも注目を集める女性社長の奮戦記第2弾。

 創業者である父の急逝を受け、主婦から社長になった町工場の2代目。リーマンショック後、業績低迷が続く会社を突然継ぐことになった彼女は、どのようにして社業を復活させたのか。生い立ちから会社再生までの道のりを綴った前作『町工場の娘』に続き、この本では、「職人の技を受け継ぐ人材の育成」にスポットを当てて、10年余りの苦闘を振り返ります。
 
お金もなく、知名度もなく、一時は身売りの危機にさえ陥った町工場が、若者の笑顔が絶えない活気あふれる「ものづくりの現場」に変身した――。その背景には、“素人”からスタートした2代目が知恵と情熱を余すところなく注ぎ込んだ人材育成戦略があります。自らの役割を「相撲部屋のおかみさん」に例える筆者は、若手、中堅、ベテランとどう接し、それぞれのやる気を引き出して、「若者が集まる町工場」をつくり上げたのか。その奮闘ぶりは多くの経営者の共感を呼ぶとともに、リーダーシップ論、コミュニケーション論の“生きた教科書”として、すべてのビジネスパーソンの参考になるはずです。

第1弾! 町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争
ページの先頭に戻る