日経BPブックナビ

決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析 第2版(1)

価格 2,592円(税込)
ISBN 978-4-8222-5128-4
発行日 2016年3月7日
著者名 グレアム・アリソン,フィリップ・ゼリコウ 著
発行元 日経BP社
ページ数 416ページ
判型 4-6変

※電子書籍は価格や一部内容が異なる場合がございます。

内容紹介

日経BPクラシックス 第17弾

「キューバ・ミサイル危機は、将来的に大きな影響を及ぼす事件であった。米ソが核戦争の瀬戸際で踏みとどまった1962年10月の13日間に匹敵するほどの出来事は、これまでに歴史には見当たらない。多くの人命が突然失われる可能性がこれほど高かったことはかつてなかったことだ。実際に戦端が開かれていたら、1億人のアメリカ人、1億人以上のロシア人、そして数百万人のヨーロッパ人も死に、過去に起きた自然災害や残虐な事件などは遠くに霞んでみえたことだろう。」(本書序章から)
1971年に刊行されたグレアム・アリソン著『決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析』は、政治学の古典、ベストセラーとして長く読み継がれてきた。3つの分析モデルーー合理的アクター、組織行動、政府内政治ーーを駆使し、謎に包まれていた米ソ首脳の事件勃発から危機回避までの政治的意思決定論の傑作だった。
 その後、情報公開が進み、秘密指定解除などによって米ソの中枢内部での新たな事実関係が解明された。本書はアリソンと歴史研究者でケネディ政権内部の議論を秘密録音したテープを調査したフィリップ・ゼリコウが協力して、初版をほぼ全面的に改訂して1999年に刊行された。第2巻収録の解説は、渡邉昭夫東京大学・青山学院大学名誉教授。
ページの先頭に戻る