• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
日経マネーDIGITAL

FP快刀乱麻

意外と知らない不妊治療に伴う医療費控除

2015年12月10日(木)

特定不妊治療費助成制度の改定

 平成28年4月1日から、厚生労働省で定める「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の対象範囲が変わります。特定治療支援事業とは、体外受精・顕微授精などの特定不妊治療費に対して助成金が受けられる制度です。現行制度では、不妊治療を受ける妻の年齢制限はなく、1回の治療につき15万円もしくは7万5000円を上限に助成を受けられます(上限は、その都度、医師の指示による治療区分により決定)。助成を受けられる回数は通算5年で10回までです(都道府県によって上乗せしている場合あり)。
 平成28年度からの新制度では、助成金額の変更はないものの、対象年齢が43歳未満になります。また、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が39歳までは通算6回、40歳から42歳までは通算3回に変更となります。このため43歳以上の方や、現行制度から治療を継続されていて、既に6回もしくは3回の助成金を受けている方は、平成28年度以降の助成対象から外れることになるのです。
 しかし、高額の自己負担に対してお金が戻ってくる制度は助成金だけではありません。特定不妊治療は所得税において医療費控除の対象となるため、確定申告をすることで税金の還付を受けられる可能性があるのです。

医療費控除とは

 医療費控除とは、1年間に負担した医療費に応じて、所得税を少なくしてくれる制度です。本人や一定の要件を満たす家族のために1年間に負担した医療費が10万円以上(注1)であれば、確定申告によって適用を受けることができ、高額の医療費がかかった場合に税金の負担を軽くしてくれます。
 給与所得者にとって確定申告は馴染みの薄いものですが、医療費控除は年末調整では行えないため、各自で申告する必要があります。

医療費控除の計算例

 では実際に不妊治療に支払った医療費を例に、医療費控除の計算をしてみましょう。

医療費控除額の計算式は、
[「実際に支払った医療費の合計額」-「保険金や高額療養費など補填金」-10万円]です。

 不妊治療で1回30万円の体外受精を1年で2回行った例で考えてみましょう。不妊治療以外にも同居の家族が医療機関に支払った5万円があり、1年間の医療費合計が65万円だったとします。都道府県や市区町村から助成金を受けた場合はその金額を差し引く必要がありますが、ここでは助成が受けられなかったとします。この場合、
[65万円-0円-10万円=55万円]
を、医療費控除額として所得から引くことができ、その分だけ税金計算の元となる課税所得が少なくなります。

 仮に、医療費控除を受ける前の課税所得額が300万円とします。所得税率は、課税所得金額に応じて段階的に決まっており、195万円を超えて330万円以下の部分は10%で計算されます(注2)。つまり、医療費控除で差し引いた55万円に10%をかけると戻ってくる税金が計算できるわけです。このケースでは、55万円×10%=5万5000円が戻ってくる税金となります。なお医療費控除には、病院までの交通費も含めることができます。不妊治療専門の病院に行くために遠方に通われることも多いでしょう。医療費控除の対象となる金額も大きくなるので、忘れないようにして下さい。
 
 医療費控除を知らなかった方、もしくは不妊治療が医療費控除の対象になることを知らなかった方でも、1年間の医療費が10万円を超えていれば、過去5年までさかのぼって申告をすることができます。これを機会に、過去の申告漏れがないかどうかも確認しておきましょう。

注1)その年の総所得が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額

注2)課税所得195万円以下の場合は5%、330万円以下10%、695万円以下20%、900万円以下23%、1800万円以下33%、4000万円以下40%、4000万円超45%

このコラムについて

 このコーナーは、日経マネー本誌やTV、新聞等でもおなじみの著名ファイナンシャル・プランナー各氏が毎週交代で執筆する辛口コラムのコーナーです。今の金融界をズバッと斬る直言から金融制度や消費者への提言、最近の金融ニュースの注目ポイント、またFPならではの役立つノウハウまで、幅広い内容を取り上げていきます。更新は隔週水曜日です。

宇田川 京子(うだがわ・きょうこ)
宇田川 京子

 1972年埼玉県生まれ。会社員を務めながら、実母と祖父の癌闘病支援、祖母の介護を連続して経験し、公費助成制度の大切さを学ぶ。2011年に生活経済研究所長野へ入所後にAFP資格を取得し、同所研究員として調査・執筆活動に従事。


日経マネーメールマガジンの登録(無料)はこちら

日経マネーのムック&書籍紹介

  • 『儲かる&楽しい 株主優待マル得カタログ』

    11月8日発売(1000円+税)

    優待ファン必携の「株主優待カタログ」最新版。桐谷広人さんや優待ブロガーの厳選オススメ銘柄&儲けワザを大公開。プロによる注目134銘柄の業績診断や人気500銘柄の最新理論株価も掲載します。“新基準”に対応した、ふるさと納税の最新オススメ返礼品ガイドも付いています。

  • 『日本の億万投資家名鑑 実践編 』

    10月28日発売(1296円+税)

    ベストセラー「億万投資家名鑑」の姉妹編。36人の億万投資家が持てる力と技を駆使して真剣勝負に挑んだ実戦のリポートの数々を、1冊にまとめました。相場との格闘で体得した彼らの生きた知恵は、多くの個人投資家にとって参考になるはずです。

  • 『長期投資でお金の悩みから自由になった人たち』

    6月21日発売(1500円+税)

    年金だけでは老後が心配――。直販投信への長期投資を続けていれば、そこからの収益でお金の不安から自由になれる。そんな「ファイナンシャル・インディペンデンス」を実現した20人の市井の人々の人生模様と、彼らの長期投資との付き合い方を示した一冊。さわかみホールディングスの澤上篤人代表が、長期投資のあり方について熱く語る。

  • 『老後不安を解消!! 確定拠出年金(DC)をはじめよう 2017制度改正完全対応版』

    6月5日発売(907円+税)

    老後資産づくりのノウハウがつまった一冊。2017年から誰でも使えるようになった「確定拠出年金(DC)」は “幸せ老後"を迎えるために欠かせない資産形成の道具です。その仕組みやメリット、活用術を分かりやすく解説します。さらに積み立て投資の利点や、投資に回すお金のつくり方などについて多方面からまとめています。

  • 『ふるさと納税のすべてが分かる本 2017年版』

    11月22日発売(815円+税)

    昨年好評だった「ふるさと納税」ムックの2017年版が発売になりました。この本では、まだふるさと納税をやったことがないという人にも分かりやすく、寄付の仕方や、減税の仕組み、確定申告の手続きなどを解説。最新の返礼品も260品ご紹介しています。実質2000円の負担で様々な返礼品が貰えるこの制度、利用しないのは損です!

  • 『不動産で億万長者!』

    10月31日発売(1000円+税)

    不動産を活用した資産形成の本。「都心部・地方」「新築・中古」「一棟・一室・戸建て」と分け、それぞれの投資法の長所と注意点を分析。どの最寄り駅の物件がいいのかを選ぶ参考として「200駅 三大都市圏中古マンション利回りマップ」「家賃が下がりにくい駅 80駅」と保存版データを掲載。さらに「海外不動産投資」「REIT・不動産クラウドファンディング」など。

  • 『退職までやっておくべきこと!サラリーマンの為の退活読本』

    9月2日発売(1000円+税)

    なんとなく定年が気になってきた世代のサラリーマンが抱く疑問に答える1冊。50代で早期退職したら年金や退職金はいくら減る? サラリーマンOBは受け取った退職金をどうやって使っている? おひとり様はどんな老後準備をしておけばいい? 定年後の移住はどんな感じ? 60歳以降も働くとしたらどんな仕事でいくら稼げる?などなど、ちょっと気になるサラリーマンの定年後の生活を豊富な事例を交えながら紹介。

  • 『間違いだらけの相続&贈与』

    8月3日発売(926円+税)

    日経ビジネスとの共同ムック。2015年から相続税の大増税が行われ、課税対象になる一般家庭も増えています。しかし、間違った相続税対策も多く、それでは却って損をしかねません。「腕利き税理士&弁護士が教える賢い相続」など、このムックで正しい対策を知り、今すぐ始めましょう。

  • 『国債が暴落しても長期投資家は平気だよ』

    4月21日発売(1500円+税)

    日本国債はバブルとも言われる高値続き(利回りは低下)で、いつ暴落してもおかしくないと言われています。万一そうなれば経済の大混乱は避けられませんが、株式に長期投資していれば乗り越えられる、と澤上篤人さんは説きます。第2部ではさわかみファンドCIOの草刈貴弘さんが、サバイバルに役立つ銘柄選びの方法を伝授します。